HERO’Sがティラミスヒーローのパクリだったと判明!中国が得意な商標権侵害ビジネスがバレた日本人!日本の信用失墜!

「いいね!」へのご協力をお願い致します!最新情報をお届けします!

画像出典:kana0417mm.com

表参道にパクリティラミス店がオープン

今月20、東京・表参道にオープンしたティラミス専門店HERO’Sこの店の商品やロゴなどが、別の専門店のものと酷似しているとして物議を醸しています。

画像出典:halleluja.jp

表参道にオープンした店と酷似していると言われているのが、これまでティラミスヒーローのブランド名で、2013年から日本国内で通信販売を行っているシンガポール発祥のティラミス専門店。

商品を比べてみると、
シンガポール発祥のティラミスヒーローの商品

画像出典:archive.vn

表参道のHERO’Sの商品

画像出典:ビジネスジャーナル

といった感じです。

また、HERO’Sは、ロゴを商標登録しており、
シンガポール発祥のティラミスヒーローのロゴ

画像出典:4meee!

表参道のHERO’Sのロゴ

画像出典:Yahoo!ニュース

シンガポール発祥のティラミスヒーローが、日本にしようとした所、HERO’S側の企業が、昨年2017年6月ブランド名を、2017年12月にロゴマークを商標登録の出願をし、2018年3月にブランド名が、2018年8月にロゴマークが、特許庁に認められ登録されている事が判明します。

また昨年の11月には、表参道のHERO’S側の弁護士から、シンガポール発祥のティラミスヒーロー宛てに、「ティラミスヒーロー」という名前と「ロゴマーク」を使用しないよう、文書送られてきていたといいます。

アイデアを盗んだ側が、オリジナル側に対して、脅しをかけてきていたという事ですね。

そのため、シンガポール発祥のティラミスヒーローは、オリジナルであるにも関わらず、日本で「ティラミスヒーロー」という名前が使えないという被害を受けていました。

昨年12月末に、ティラミスヒーローは、自身のホームページで、オリジナルロゴがコピーされ、日本で使用できない事を伝えた事で、事件が発覚したというわけですね。

出典:ティラミスヒーロー

ティラミスヒーローの出店と勘違いする人々

ティラミスヒーローは、HERO’Sに商標登録されている事で、日本で商売をするにあたり「ティラミススター」という名前に変更する事を余儀なくされているような状況のようです。

また、商品名に関しても、商標登録の関係で、ブランド名をパッケージに使用する事が出来ず、オリジナル商品にも関わらず、「THE TIRAMISU HERO」から「Sir Antonio hero」に変える事を余儀なくされているようですね。

オリジナルを保護するための商標登録であるにも関わらず、オリジナルが損害を被るという、商標登録の欠陥が、浮き彫りになったという事件ですね。

表参道にティラミスヒーローが出店したと勘違いした方も多かったようで、

男性男性

きのう、店舗を見て気になっていて…

シンガポールの有名な店舗が日本に来たのかなと思った

女性女性

そっくり 同じかと思いました

ロゴとか違いが分からない

男性男性

シンガポールのティラミスを昔から知っていました

感情的に許せないです

といった声や、実際に勘違いして購入された方もおられるようですね。

酷似する商品コンセプトとキャラクター

商品のコンセプトも、商品のキャラクターも、もちろん酷似しています。

シンガポール発祥のティラミスヒーローのコンセプトは、

「この美味しいティラミスをみんなに届けよう!そしてみんなを元気にしよう!」

キャラクターは、

「ローマからシンガポールに渡った猫“アントニオ”」

画像出典:ねこまぐ

表参道のHERO’Sのコンセプトは、

「ティラミスを通して世界をちょっとだけ幸せにする」

キャラクターは、

「イタリア生まれの猫のヒーロー“TOTTI(トッティ)”」

画像出典:ハレルヤ

酷似騒動に対するHERO’Sの反応

23日時点、この酷似騒動に対し、表参道ティラミス店のHERO’Sの担当者は、

「弊社の商品として独自のもので、便乗の認識はない」

と、パクリの事実を否定し、反省の様子も無いとの事です。

また、商標登録に関しては、

「フランチャイズ展開を考えており、今後、加盟店を守るために登録した」

と語っているという事です。

なぜオリジナルなのに日本で名前を使用出来ないのか?

特許や商標には、「先願主義」というものがあって、先に出願した方が優先されるという制度があるんですね。

つまり、先に発明していた人よりも、先に特許や商標を出願した人を優先するという制度ですね。

一方で、先に発明した人が特許権や商標権を有する事とする考え方を「先発明主義」と言います。

現在では、殆どの国で「先願主義」が採用されているといった状況です。

商標権は国ごとに生じるため、今回は、HERO’S側によって「先願主義」が悪用され、優先されてしまったという、特許制度の盲点が、悪用されてしてしまったというわけですね。

オリジナルで無いにも関わらず出願したHERO’Sにも問題がありますが、簡単に通した特許庁にも問題があるというわけですね。

商標法違反の可能性

このHERO’Sによる商標登録は、

商標法第4条第1項第15号の「他人の業務に係る商品又は役務と混同を生ずるおそれがある商標」jpo.go.jp
商標法第4条第1項第19号の「他人の業務に係る商品又は役務を表示するものとして日本国内又は外国における需要者の間に広く認識されている商標と同一又は類似の商標であつて、不正の目的をもつて使用をするもの」jpo.go.jp

に引っかかる可能性がありそうですね。

実際に、誤って購入した方もおられるようですしね。

このような商標登録でオリジナルのアイデアを盗むという方法は、中国が得意としており、度々日本に対して行われて来ました。

法的には問題は無いのかもしれませんが、美学的に日本人がやってこなかった事を、遂にやる日本人が出て来てしまったというわけですね。

もちろん、特許庁が、特許や商標がされているかどうかを全て調べるという事は困難かもしれませんが、今回のように、パクっている事が明らかな悪質な場合は、商標や特許の登録を、却下する必要があるかもしれませんね。

商標登録は先に出したもん勝ち?

八代英輝八代英輝

これは、商標というものを使った、悪質な不正競争なんですね。

本社の表参道側は、自分たちでコピーする意思は無かったと言ってるようですけど、明らかにコピーしている商標で。

例えば、海外で有名になっている、知名度が上がったお店があって、自国内でビジネスをしている分には、商標登録を取っている。

ただ、海外までの展開を考えていないという間に、人気になっているお店の商標を先に取ってしまって、先回りして、その人気にタダ乗りするという。

例えば、中国でよく行われますよね。

無印良品の商標が中国で取られてしまって、本家本元の無印良品が、中国で売る事に異常に制限が加えられてしまった。

それと同じような事は、日本の企業はやらないだろうと思っていたんですけど、こういう事をやる企業が出てきたという事ですね。

ですから、本当に申し訳ない話だと思うんですけど、本家には。

ですが、商標を無効に出来る、取り消しに出来るとう方法はあるかもしれないですけど、この商標権という事に関しては、こういう事をやる会社がある以上、やはり先回りして自分たちの商標は守っておかなければいけないという事になるわけですね。

商標を出願されてどの程度まで調べるのか?

八代英輝八代英輝

明らかに他人の商標にタダ乗りしようとしている事が、特許庁の審査官に分かるんでしたら、それくらい著名なものでしたら、拒絶はしますけれども、そこまでのものになっていなかったら、一度受け付けておいて、後で取り消しとか無効とかといった手続きはあるんですけど。

物言いがつくという事を前提として、特許庁の方も、さすがに世界中のあらゆるブランドを全部熟知しているわけではありませんので、後で物言いがつくことを前提に、通すというような事はあるようですね。

八代英輝八代英輝

はずかしいですよね。

こういうビジネスを、大々的に国内でされるのは。

特許庁の広報室の話によると、商標制度は各国ごとに仕組みがあって、日本の倍は、原則、特許庁に先に出願した方に権利が認められるという事のようですね。

パクって商標登録した高田雄史(高田雄)社長の正体

シンガポール発祥のティラミスヒーローをパクって商標登録し、日本で全国展開しようとしていたのは、株式会社HERO’sと株式会社gramの代表取締役で社長の髙田雄史(高田雄)社長という人のようです。

画像出典:SECRET TALK

大阪出身、1973年生まれで、なぜか名前が、「雄」から「雄史」に変わっているので、通名なのかもしれませんね。

元々は「イエセレクト」という不動産会社で営業をされていたようですが、独立し、2014年の12月に香港と大阪に株式会社gramというパンケーキの会社を設立。

このgramのパンケーキは、独特のふわふわ感が人気となり、現在では全国・海外で60店舗ものフランチャイズ展開をされているようです。

パンケーキgramもパクって商標登録したのか?

2014年4月、元々gramと名前で心斎橋で開業されていたパンケーキのお店が、

2015年8月8日にbran caféという名前に変わり、

2018年3月15日に閉店したという事から、

株式会社gramの高田雄史(高田雄)社長が、HERO’S同様に、オリジナルをパクって商標登録をしたのではないかという噂が広がっていました。

ですが、株式gramは声明を発表し、パンケーキに関しては誤解であると否定しているようですね。

画像出典:gram

株式会社gramの高田雄史(高田雄)社長は、「日本も中国と同様のパクリ国」と世界から言われても仕方が無いような事をしているわけですから、何を言われようが、文句を言う資格は無いでしょうね。

誰でも多少のパクリはあるものですが、高田雄史(高田雄)社長のパクり方は、丸々パクって商標登録し、使わないよう弁護士から文書まで送りつけるという、日本人の美学として、あまりにも下品過ぎるという事で、批判をされているというわけですね。

HERO’Sがコメントを発表

2019年1月22日、HERO’Sが声明を発表します。

出典:HERO’S

画像出典:4meee!

この「ロゴ」に関しては、作った相手に対して使用権を渡す。

つまり、有料か無料かは分からないが、とりあえず「使わせてやってもよい」とパクった方が、上から目線で言っているわけですね。

「ティラミスヒーロー」という名前もパクっているにも関わらず、こちら関しては、使用権を渡すとすら言っておらず、更に現在、シンガポール発祥のティラミスヒーローのキャラクターである「アントニオ」の商標権をパクろうと企んでいるご様子。

出典:特許情報プラットフォーム

どうやら、全く、反省はされておられないようですね。

もう、やっている事はヤ〇ザと変わらないですね。

高田雄史(高田雄)の盗人猛々しい行為

八代英輝八代英輝

盗人猛々しいと思いますよ僕は。

使用権じゃなくて、商標権そのものをお渡ししなさいよというふうに思いますけど。

出願料くらいは請求してもいいかもしれませんけれども、元々自分たちの商標じゃないでしょって。

八代英輝八代英輝

使用権を渡すという事は、商標権は自分達、表参道側が確保しておいて、ただ、本家の側に私たち登録した商標を使っていいですよという許可をあげるだけです。

もしかしたら、使用って有料かもしれませんし。

お金を取る可能性もある?

八代英輝八代英輝

はい。

単に、使用権と言っているだけですから、あくまで権利は表参道側は、私たちが保持し続けますよという話ですから。

ティラミススターとしては、条件によっては「じゃあ使わなくていいですよ」という可能性もあると、

八代英輝八代英輝

なんで、そんなパクった側にお金を払って使用させて貰わなければならないんだと、当然なると思いますから。

歩み寄ったように見えますけど、実はそうでもないと。

八代英輝八代英輝

こういうビジネスをして、お客さんが受け入れると思うのかという所が不思議なんですけどね。

HERO’Sのティラミスとgramのパンケーキは買ってはならない

明らかにパクっているにも関わらず、HERO’Sが、商標権すら返さず、のうのうと商売を続けるようならば、世界から

「日本は外国のアイデアを盗んで平気で商売をさせる国」

「中国以下で付き合う価値は無い」

「日本には旅行に行かない」

「反日国からの攻撃の材料となる」

「東京五輪や大阪万博のイメージが下がる」

など、日本の築いてきた信用を失墜させ、イメージを著しく低下させてしまう可能性もあります。

それこそ、国際問題に発展してもおかしくないわけで。

反省もなく、今後ものうのうとパクった商売を続けるようでしたら、日本の国益に反する最低な会社なわけですから、もし政府も動かないのなら、日本人としては、なんとしても潰さなければならない会社となるかもしれませんね。

シンガポール発祥のティラミスヒーローとしては、特許権の無効審判を請求する、もしくは、不正競争防止法で訴えるといった方法で、商標権を取り返せる可能性も残されているようです。

私たちとしてとりあえず出来る事は、HERO’Sのティラミスやgramのパンケーキを買わない、また家族や友人に、買ってはいけないと伝えるという事でしょうね。

HERO’Sの商標権パクリビジネスに対するネットの反応

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

「いいね!」へのご協力をお願い致します!最新情報をお届けします!

コメントを残す