病院に行くと病気しやすくなる理由!幽霊血管・ゴースト血管とは?認知症や骨粗鬆症や癌になる理由!武田邦彦

病院に行くと病気しやすくなる理由

この頃、医療関係ではですね、血圧よりかむしろ、医療全般ですね、免疫とか。

結局病院に行くと、なぜか病気しやすくなるかということを中心として、これから参考になるようなデータとか、そういったものを出していきたいと思っておりまして。

調べてますとですね、なんか血圧に関係するやつが出てくるんですね。

この幽霊血管っていうか、ゴースト血管と呼んでるらしいんですけど。

まぁNHKらしいっていうか、これNHKだけではなく民放も参加してるので。

NHKの嘘で健康を損なう日本人

NHKがかつて、「必須コレステロール」を「悪玉コレステロール」というふうに、180度違って呼んでですね、これによってかなりの人が亡くなったと思うんですけど。

まぁNHKのフェイクニュースの一つなわけですね。

幽霊血管・ゴースト血管とは?

結局これは、ゴースト血管っていうとビックリしちゃうんですけども、毛細血管ですね。

血管っていうのは、なかなか面白くてですね。

普通我々がイメージする血管っていうのは、ちゃんとした壁があってその中を血が流れるわけですよ。

そうですよね、血管っていうのはだいたい丸くてちゃんとした形になってますよね。

ところが、血管は何を送ってるかっていったら、酸素とか栄養とか白血球で、ばい菌を殺したりなんかするために送ってるわけですよね。

すると、送る先はどこかっていうと細胞ですよ。

そうすると、細胞に血管から何か物を送ると簡単に言いますけど、最後はどうなるのって感じですよね。

心臓から血がバーっと流れてきますよね、血管を通じて。

その血がですね、最後は毛細血管の中にあって、それがジャーっとこの細胞の中に入っていったら、漏れていったらそれは内出血ですよ。

だから、どこでも体ん中は内出血しなきゃいけないわけですね。

ところが不思議なことに、体は内出血しないんですよ。

ていうことは、血管の一番最後の部分ですね、言ってみれば半透膜みたいになってですね。

酸素とか栄養は通すけども、白血球とかそういうのは赤血球とかが外出ていかないように、ある程度の荒い目になってるわけですね。

ですから、最後は栄養分が細胞の方に染み出すと言った方がいいでしょうね、血管から染み出す。

だから血管っていうのは、固い血管もあるんですけども柔らかくて最後は染み出していくんですね、細胞の中に。

だから、一番大切なのは毛細血管なわけで、一番大切ってどの血管も大切ですけども。

大動脈でバーっと血が流れて行って、だんだん細く分かれて、最後毛細血管の中に入ってそれが細胞に行くわけですよ。

歳や年齢と共に毛細血管が徐々に無くなる影響

それが、だんだんだんだんですね毛細血管がなくなっていくんですよね。

歳とか病気とか体調とかそういうのでなくなっていくわけです。

そうしますと、もちろん血が行きませんから、当然脳の場合は認知症になりますよね、これは当たり前ですね。

それから、各部分で血が足りなくなるので例えば皮膚だったら、しわが寄ってくるだとかそれから、いろんなところで感染症が起きるとか。

それから、NHKの場合は認知症と骨粗鬆症の事言ってましたけどね。

認知症や骨粗鬆症になる理由

骨粗鬆症がなんで起こるかって言いますと。

骨って言うのは、絶えずカルシウムを入れ替えてるんですよ、入れ替えるのやっぱ血管が運ぶんですね、カルシウムを。

それで骨に新しいカルシウムを渡して、骨から古いカルシウムをとってそれで骨はリニューアルしていくわけですね。

ですから、頭の血が不足すれば認知症だし、骨に行く血が不足すれば骨粗鬆症だし。

それから一般の細胞が炎症してると、そういう時に十分にいかなければ感染症になるしと、癌になるしとそういうことになるわけですね。

NHKのフェイクニュースを見抜けない理由

そこで問題なのは、ここがNHKのフェイクニュースなんですよ、フェイクニュース。

NHKのフェイクニュースが一番危険なのはですね、視聴者のためのような顔をするっていうことが難しいんですね。

もしも、視聴者のためじゃなかったら誰でもすぐ見分けることが出来るんですけども、見分けられないんですよね。

だからそこが、非常に危ないとこなんですね。

例えばコレステロールでもですね、本当に必要なコレステロールを、本当に必要だと言わないで悪玉コレステロールと呼ぶってことが、このNHKの悪いとこなんですよ。

必須コレステロールを悪玉コレステロールと呼ぶと。

この場合もそうですね、毛細管に血が行かないのは血圧が低いからなんですよ。

血圧が低いから十分に血が毛細血管まで行かないんですね、そう言えばいいんですよ。

そう言えばいいんだけど、今までNHKは良い子じゃなくちゃいけませんからね、どんな時でも良い子じゃなくちゃいけませんから。

だから血圧を上げるなんてことは、どんな口が裂けてもNHK言えないんです。

だから結局どうするかって言うと、運動してますかとか、タバコは吸ってますかって言う別の事になるんですね、だから分かりにくいんですよ。

幽霊血管とNHKの嘘

突然、毛細血管が消えるっていうのがテレビで出されて皆ゾッとすると、じゃあどうしたらいいの。

野菜食べなさいとか、それから運動しなさいとかになるわけですよ。

違うんですね、血圧が低いんですよ、血圧が低い。

これは何を言ってるかっていうと、NHKはなんて言おうとしてるかって、本当は血圧が低いので血が行き渡らないんですね。

ですから、血圧を高くする。

NHKが血圧を上げろと言えない事情

血圧を高くすると、血管を破裂する可能性もあるんで、それは注意してやらなきゃいけないんですね。

それでその、ネットのページにNHKが出している判定方法っていう、アンケートを僕やってみたらですね。

私も中程度の危険性だから、なんか運動したりなんかしなさいって言ってるんですね。

これね、何を言ってるかと言いますと、血圧を上げるのが一番いいわけです。

血圧は高い方が本当はいいんですよね、血の巡りがいいですから。

だけども、だんだん年取ってくると血圧をあげるって事が危険なんですよね。

だから、どうしたらいいかって、本当は血圧を若く保つような薬とか治療があればいいんですけど、ないんですよ。

だから、圧力を下げると今度毛細血管が消えるわけですね。

日本で認知症や癌や骨粗鬆症が増える理由

私が言ってるように、血の流れが悪くなると癌になったり、感染症になったり、認知症になったり、骨粗鬆症になったりするわけですね。

現在では日本人は、血圧を下げすぎてるので寝たきり老人とか、認知症とかそういうのが出るわけですね。

その代わり、良い面では脳死、血管障害とか心臓の血管障害が少なくなるわけですね。

ですからこれは、どっちをとるかっていうだけの問題なんですね。

血圧を高く保てば、幽霊血管とかそういうのが無いわけですね。

国民を嘘で脅すNHKの狙い

両方脅かすって言うのがNHKなんですよね、国民を悪い方向に導いて。

例えばコレステロールなんかもそうですね。

必要なコレステロールを悪玉コレステロールと言って、国民がコレステロールをとらないようにして。

そしたら今度は認知症とか癌になりますから、じゃあそれをやるという二重にNHKは儲けるわけですね。

別に国民の健康なんか何も考えてるわけじゃありませんから。

そこで権威のお医者さんを出すって言うのも、NHKの手段なんですね。

ここはNHKの悪口いうんじゃなくて、我々はNHKなんかどうでもよくって。

幽霊血管・ゴースト血管を改善する方法

結局、ゴースト血管と言ってるものは毛細管が消えていくわけです、毛細管が消えていけば血の中の酸素とか栄養が体に行き渡らないわけです。

なぜそうなるのかって言ったら、血圧が低いからですね。

じゃあ血の巡りを良くするには、どうしたらいいかって。

まず風呂に入ることですよ、まず風呂に入る事。

そして血管を広げて、そして血流を良くすると、これが一番安全ですね。

それからもう一つは、血管を柔らかくするって言うんですけど。

この血管を若返らせるっていうのは、どこもやってないんです。

降圧剤で血管を固くさせる医者の狙い

むしろ、お医者さんに行って血圧を下げてもらうと余計に血管は早く固くなります、それは別に固くなっても障害がないからですね。

ですから、お医者さんに行って降圧剤を処方してもらうのが一番悪いんですね。

だけど処方してもらわないと病的な場合は、脳溢血とか心臓になるので癌になったほうがいいとか、認知症になったほうがいいとか考え方もあるんで、それはどっちでもいいです個人の自由なんですけどね。

私なんかどうしてるかって言うと、やっぱり血の流れを良くすることが大切だから、風呂によく入って熱い風呂によく入る。

熱い風呂に入れば、急に温度差ができまするから、じわじわと入る、ですね。

ストレスの無いような生活をして、出来るだけ血管の材料になるような、ビタミンちょっと多くとったりなんかしますが、やっぱり歳をとるとね、男性の場合には女性が横に居るしかないんですよ。

こんなこと言うと、またセクハラになっちゃうんですけど、するしかないんですよ方法が。

女性の場合はおしゃべりして、人のお世話をして、お世話が一番いいんですけど女性の場合は。

高血圧の治療は存在しない

そして血管を若く保つという以外に方法がないんですよね。

今のところ血管を若くする、柔らかくするという薬も治療もないんですよ。

だから、高血圧の治療なんてもんはないんですよ、全く、存在しないんですね。

むしろ、降圧剤を飲むと悪くなって毛細血管が無くなって、やがてしわになり、認知症になり、骨粗鬆症になり、癌になり、死んでいくとそういうことになるわけです。

厚労省や医療関係者の健康法の危険性

非常に恐ろしい事なんですが、現在、厚生省とか医療関係者が言っている「こうすれば健康になる」というやつに、非常に大きな疑問があるんですね。

この疑問があるので、間違った事でみんなが苦しんでいるんですよ。

それを、やっぱり少しでも改善したいという希望があるんですね。

ところが、具体例がなかなかですね、2つくらいしか無いんですよ。

そのうち最近ですね、更に昔、名古屋市立大学でしたか。

現在、金城大学でご活躍になっている奥山先生ですね。

この先生は、非常に正しいんです。

医者は学者ではない

どうして正しいかというとですね、ちょっとお医者さんに、もちろん奥山先生もお医者さんなんですが。

お医者さんに悪いんですけど。

悪いというか、お医者さんは傲慢だからね。

私が今から言う事に、必ずカッと来ますが。

よーくよーく噛みしめて聞いて欲しいんですが。

実は、お医者さんというのはですね、学者では無いんですよ。

普通のお医者さんですよ。

単なる技術者なんですよ。

簡単に言えば、タクシーの運転手さんと一緒なんです。

こんな事を言うと、またお医者さんですからカッと来ますけどね。

「なんであなたがタクシーの運転手さんと身分が違うんですか?」

って、僕は逆に言いたくなるんですけど。

タクシーの運転手というのはですね、非常に立派な仕事なんですよね。

なぜかって言いますと、人間の技術の粋を使うわけですよ。

これは自動車ですね。

技術の粋を使って、最近はGPSも使いますから。

機械の技術、電子技術なんかをフルに活用してですね。

それで乗客を出来るだけ早く、安全に目的地に届けるという。

極めて難しい。

交通事故にも遭わないようにしてですね、送るという非常に大切な仕事をなさっているわけです。

これに対して医者というのもそうで。

現代医学というのは、生物学であり、治療の学問であり、あるいは機械を使う学問、薬を使う学問なんですが。

その仕事をされているわけです。

それで、出来るだけ早く患者さんを治すという仕事をしていますから、これも現代科学を使って、世の中に貢献している仕事なんですよ。

これはタクシーの運転手も同じなんです。

現代科学を使って、世の中に貢献する仕事。

学問の役割

それと実は、学問というのは違うんですね。

学問というのは、元々タクシーの運転手が使っている自動車に問題があるんじゃないか。

例えば、運転していたら何かが起こるとかですね。

たしかに、交通事故も起こっておりますしね。

そういう事で。

それを疑って、それを修正して行く。

よりいいものにして行く。

これは、タクシーの運転手じゃないんですよ。

別の人なんですね。

自動車の設計者とか。

色んなGPSの改造をする人とかですね。

安全工学を研究する人とか、そういうのがやっていくわけですね。

医者もそうでですね。

お医者さんというのはですね、人間の健康を守ろうとして、色々とやっているわけではないんですよ。

故障した人間を修理する、修理工なんですね。

しかも、それを疑わないんですよ。

疑えないんですよ。

つまり、タクシーの運転手がですね、運転するたびに、トヨタ自動車のタクシーを疑ったってしょうがないんですよ。

なんの意味もないわけですね。

ですから、全然職種が違うんです。

健康を指導する医者の危険性

ところが、お医者さんがですね、健康な人の健康を、よりよくしようなんてと思うと、全然担当が違うんで、間違うんですね。

それが現在の色々な血圧基準とか、コレステロールの基準になっているんですが。

具体例をあげないとですね、そういう観念論的な事を言っても、なかなか日本人って駄目なんですね。

そこで、奥山先生がおまとめになった本からですね、福岡県の久山町という所を例に取っておられますが。

これは昭和36年くらいから、随分前からですね、九州大学医学部。

正しく言うと第二内科らしいんですけど、そういう細かい事は、この話には関係ないんですけど。

がですね、町長さんとか行政とタイアップしてですね、町の健康を守ろうという活動をずっとされているんです。

それ自体は非常にいいのですが、何を間違ったかと言うと。

久山町の町長が何に間違ったかというとですね、お医者さんに頼んだという事ですよ。

お医者さんは、健康な人の健康を増進する事は出来ないんです。

病気の人を治すことが出来るんですから。

相手が違うわけですね。

つまり、タクシーの運転手さんを集めて、車の改造をやろうとしたようなもんなんですよ。

だから駄目なんですね。

そのためにどういう事が起こったかと言うと、結果として、これは奥山先生の本から私が写メしたものなんですが。

これは著作権が少し関係があるんですけど、基本的には奥山先生はオーケーされるでしょう。

そんなつまらない事を言う先生ではありませんからね。

大丈夫なんですけれども。

もう一つは、これが事実ならば、著作権は発生しません。

著作権というのは、「思想又は感情に基づく創作物」に限られていますので。

奥山先生の研究態度から言えば、事実に反する事を書かれる人ではないので。

思想又は感情に基づく創作物じゃないと思いますので、使わせて頂きます。

奥山先生のデータだという事は、お断りしておきます。

医者の健康指導で糖尿病有病率が増加

この久山町と、その他の地域の比較をしていますけれども。

これは糖尿病の有病率ですけれども、有病率ですけれども。

だいたい、久山町の方が、倍くらい糖尿病が多いんですよ。

健康指導をした久山町の方が、普通の指導をしない所よりか2倍くらい大きい。

これは実は、議論になってですね。

久山町か、もしくはその関係者が、糖尿病の測定の仕方の問題ではないかと。

まさか、国の基準に従って、一生懸命健康指導をした市がですね、糖尿病の有病率が2倍になるなんて事はないだろうという事で。

やり直そうなんていう事になって。

2つの方法ですね。

1つはWHOの方法。

もう一つは、普通医学なんかで使う方法で、2回やったんですよ。

そうしたら、2回ともですね、実は久山町の糖尿病の方が、他の町よりか2倍くらい大きいという事になったわけですね。

これについて、市長さんも、なかなか正しい人らしくて。

なんか非常に困ったらしいですね。

どうしてこうなるんだろうか。

それは、私が市長さんのそばにいてですね、久山町の顧問だったら、市長さんにこう言いますよ。

「これはね、当たり前なんですよ」

「だって、お医者さんというのは病人を相手にしていますから、久山町の人が全員病人なら、適正な指導は出来るんです」と。

だけど、久山町の9割くらいは、正常な健康は人ですから。

健康は他人に、病気の人の方法を当てはめたら、悪くなるという結果なんで。

これは改めてですね、指導する人を、お医者さんじゃなくて。

いませんけど、今日本には。

「健康を相手にする人、それが担当されれば、町長さんの目的は達成されるでしょうね」

と私だったら、アドバイスを致します。

使用できないアドバイザーの特徴

私も色んな所のアドバイスをしているんですけれども。

アドバイスというのは、本当にきちっとしたアドバイスをしなければいけませんからね。

それから、最近ではこういうものを飲んだらいいとか、減塩したらいいとか、そういうのが山ほどありますが。

それはみんな商売に関係していますから。

商売に関係しているのも駄目ですね。

それは基準が「お金」だからですね。

お金基準も駄目だし、病人基準も駄目なんですね。

健康な人の健康をさらに改善するためには、お金にも病人にも関係なく、健康な人を健康にする事が、専門の人。

その人が指導しなければいけません。

ただ問題なのは、健康な人の健康を維持するという専門家がいないという事なんですよ。

アメリカに若干いるんですよ。

そういう事を仕事にしている。

つまり、医者がですね。

その人は、病人を診ないんですよ。

病人というのは、見てもしょうがないんです。

そういう医者は。

健康な人を観察しなければいけないんですね。

我々、普通の科学者と一緒ですよ。

私なんかも、正常な材料とか、正常な化学反応を対象にしていて。

私がちょっと医学なんかに関係しているのは、材料の欠陥とか劣化をですね、ずっと研究していたものですから。

これは、材料の異常を研究するんですね。

飛行機が落ちないように。

車がひっくり返らないように。

それから材料が燃えないように。

材料の異常なんかを私なんかは研究していたんで。

医学に近いんですけれども。

殆ど同じと言っていいんですけど。

普通の人はそうじゃないんですね。

ですから、この久山町の人は可哀そうにですね、健康指導に従ったおかげで、糖尿病が倍になった。

この事は、非常に重く考える必要があります。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す