橋下徹 水島総との討論を断る3つの理由!沖縄独立論と沖縄問題の解決策を巡る攻防!

橋下徹 水島総との討論のオファーを受ける条件

水島総水島総

先日から続いております橋下徹氏の公開討論の問題について、新たに向こうの事務所というか、代理人の方から、追加の通知というか、そういうのがございました。

細かい事というのは、一応全文というのは色んな意味で、全部を言うのはまずいと思いますので、要点だけを言いますと、我々がコツコツと貯めたですね、例えば、ご提示いただきました出演料はあまりにも高額で、弊社のようなそういうネット放送局にとっては、大変困惑していると。

しかし、日本の為、沖縄の為にも、弊社は、この番組は必ず実現したいと考えておりますと。

つきましては、ご要望に沿うべく、出演料をコツコツと時間をかけて準備して実現しますので、しばらくお時間を頂ければという事ですね。

という事で、まぁ、こういうメールを送ったわけです。

橋下徹 討論を必ず受ける義務はない

水島総水島総

そうしましたら、これまでのクライアントの皆さんと同じ料金なんで、一律料金なんで、まぁ、これでやってくださいという事で、まぁそういうお手紙を、返事を頂いたんですけれども。

そして追加でですね、21日にですね、木曜日に返事がまた、追加の連絡がありまして、一点ご理解を頂きたいことをありますという形で、追加の要望が来たんです。

ここはちょっと大事な事なので、

「今後、オファーを頂いたとしても、その諾否、いいか悪いかは、嫌か認めるかは、弊社の自由裁量であり、必ずお受けする義務があるものではありません」

という事ですね。

そして、橋下徹さんは、

「今多数の仕事のオファーを頂いているので、それのスケジュールや内容を見て、選別している状況です」と。

それと、

「私たちのチャンネルの内容において、橋下徹さんへの出演者としてオファーする側の姿勢としては、不適切と感じる点もあります」と。

まぁ、こういう感じでね、今言ったように、

「今後オファーを頂いたとしても、その諾意は弊社の自由裁量であり、必ずお受けする義務はありません」

と、こういう形のメールを頂きました。

つまり、お金を用意しても、オッケーするかどうかはこっちの自由裁量であると。

まぁ、それは当然そういう事は言うのは当たり前ですけれども、追加でこういう事が来た。

はじめは、「お金はこういったものを払ってくれないとダメですよ」と。

で、オッケーですと言ったら、また追加でこういった形のお知らせが来て、「必ずしも申し込んだからオッケーになるわけでは無い」と。

「こちら側が、オッケーするかしないかは、こちら側の自由裁量だ」と。

まぁ、こういう返事が来ました。

橋下徹 非常に高額な出演料

水島総水島総

という事なんですけれども、まぁ、我々は彼の書いた沖縄の問題、あるいは歴史観の問題、沖縄について歴史観もそれに表れているわけですけれども、そういう問題について、話し合いたいわけでございまして。

まぁ、考えてみれば、90分、それで、私と半々にしたら、一分につきうん万円という金額を払うという形になるわけでありまして、そういう問題もありながら、でも日本のため、そして沖縄の認識が広がる事がいいんじゃないかという事で、こういう申し込みをしたわけであります。

なのでまぁ、出来るだけこれは実現したいと思いますけど、皆さんにもちょっと、お金の点でご協力を頂かないといけないかも分かりません。

これはまた検討して、皆さんに発表しますが、こういう風にしたいと思います。

皆さんにもし、この橋下さんとのいわゆる対談ですね。

この問題についての議論、これをする事について賛成してお金を出してあげてもいいと言ってもですね、もし実現しない場合は、皆さんにお金をお返ししなければならない。

お金は返します。

何百円かの返送料は除いたですね、お金になりますけれども、手数料を除いてみなさんに、これはもし実現しない場合は、お金をお返ししますという事を、私ははっきりと皆さんにもお伝えしたいと思います。

テレビ業界のギャラ事情

水島総水島総

まぁ、私もテレビももう40年、テレビドラマを中心に、ドキュメンタリーも含めて、たぶん数百本、脚本や監督やプロデューサーをやって来ました。

そういう意味では、今のテレビ業界の事は知っております。

例えば、一つ例を上げると、朝まで生テレビとか、報道系の番組というのは、出演を3時間4時間とやっても、ある程度抑えられた金額になります。

それこそ何百万という事はありません。

ドラマの、2時間の、あるいは1時間ドラマの主役級はもちろん100万円を超える、あるいは200万円、300万円、こういう人達もいるわけですけれども。

2時間ドラマとかそういうやつはですね。

まぁ、基本的には報道やそういったものに関しては、そういった高額なものは無いわけです。

もう一つ言うと、歌番組というのがあります。

歌謡番組というのが、昔は随分とありました。

ベストテンとか。

こういう所は、本当にギャラというのは歌い手さんはですね、出るだけでテレビでのコマーシャルになる。

自分の新曲や自分の曲が、テレビに出るだけでそれで宣伝になるから、むしろ逆にお金を払っても、プロデューサーにお金を上げても、出たいという形で、もちろんもう慣例だったようですけれども、

何ていうんですか、プロデューサーにペイバックすると、そういうものを。

というような、あまりいいしきたりでは無いけれども、そこまでやっても、あるいはもっと言えば、贈り物や色んなもの。

もっと極端な話は、そういう歌い手さんの体まで提供するような事も、昔は、何十年も前ですけれども、やっぱりあったようであります。

私は、歌番組とか歌謡番組その他、音楽番組はジャズ番組の演出はやった事がありますけれども、それ以外はやった事が無いのでよく分かりませんけれども。

よく分かりませんというか、これは業界の中で、私たちが知っている事ですけれども、そういったものでした。

ただ、例えば歌謡曲の有名な歌手さんは、そのテレビ局とか色々な映像に出る所は、自分の歌や、アーティストとしてのアピールになりますから、本当に安いお金であって、そして、営業ですね。

地方に行って、ステージに立って、まぁ、90分だなんなり歌う、こういう時に何百万とうものを要求したわけであります。

これが営業と言われるものですね。

映像に出演するもの関してはそういう形で差があったわけであります。

まぁ、基本的にはその値段というのはいわゆる歌い手さんで言えば、営業の値段という形で、私たちに、これでないとダメですよという風に仰ったんじゃないかなと思っております。

県民投票で沖縄県民は目覚めるのか?

水島総水島総

こういう中で、一つの結果として大変大きな反響を頂きました。

つまり、沖縄問題、あるいはこういう問題がどういう形でですね、取り上げられたか、橋下さんの本でも私は大変失礼ながら、失礼ながらというよりもですね、とんでもない沖縄県民にとっては、むしろ本当に迷惑な、日本にとっても迷惑な本であると思っておりまして、

ただ、そういう事で厳しい批判をしたわけです。

沖縄の独立を問うような県民投票を、それでプラスになるのかと。

それで日本国民は目覚めるのかと。

例えば今、普天間の移転の問題で住民投票をやります。

これは、日本の国民が目覚める事になるのか。

かえって分裂を促進する。

あるいは、中国共産党の思惑通りの形の流れになるという事で、批判したわけであります。

そういう事でございまして、議論は必要だと思います。

討論をやれば私たちは静かに落ち着いて彼のそういう認識や、あるいは見方の間違いを正すことが出来ると思っております。

そういう中で、

「こういうお金を用意しても、今後オファーを頂いても、その諾意は弊社の自由裁量であり、必ずお受けする義務があるものではありません」と。

忙しいしと。

こういうような事と、私たちの橋下さんに対する姿勢がですね、出演者としてオファーなさる側の姿勢としては、不適切と感じる点があると、こういう言い方で、暗にお金を用意しても、必ずしもすぐに認めるわけではないという連絡があったというわけであります。

政治的な書籍を出版した橋下徹の責任

水島総水島総

まぁ、彼をどう見るか、タレントさんとして見るのか、政治家として見るのか、あるいは言論人として見るのか、色んな見方があると思います。

その立場によって、考え方があると思いますが、少なくとも本を出すという。

本を出して、沖縄についてこういう事を語っているとしたら、批判される事はまぁ、当然認めなければいけないし、それに対して反論をする。

そして、色んな所で自分の意見を、こんなに正しいだと言うのなら、正しいと言わなければいけない。

こういう姿勢を橋下さんが素直に取り戻して頂く。

タダで来いとは言いませんけれども、沖縄のために、あるいは日本のために、こういった、私が間違っていれば素直に謝りますし、橋下さんも間違っていれば、「こんな事を言って申し訳なかった」と。

「日本国民と沖縄県民に迷惑をかけた」と、こう言って頂ければ、それはそれで、一つの大きな進展になると思います。

言論空間の中で、正しい、礼儀正しい議論を重ねる。

そして、厳しくてもその現実は認めなければいけないというこういう事を、橋下さんにも知って貰えればと、私は思うわけであります。

全ては日本のため。

全ては日本国民のため。

そして全ては、当事者である沖縄県民のためにも、この事を考えなければいけない。

外国勢力の、まんまとそういう戦略、狙いの先兵になってはならないという事を、改めて言わせて頂きたいと思います。

橋下徹 出演料は非常に高額

水島総さんのお話によると、橋下徹さんの所属する事務所、おそらくTITANであろうと思われますが、高額の出演料の要求と、討論の内容、討論を申し込む態度などを理由として、やんわりと直接対談を、お断わりになったようですね。

昔の歌番組が放送されていた時代は、今のようなネットの環境は整っていませんでしたので、日本国民に認知してもらう方法として、歌番組等のテレビ番組は、非常に価値が高かったわけですね。

ところが現在では、水島総さんよりも、タレントから大阪府知事となり、日本維新の会を結党するなど、知名度としては橋下徹さんの方が圧倒的に高く、水島総さんのチャンネルの認知力に対して、魅力を感じなかったという事でしょうね。

そのため、橋下徹さんの側としては、ドラマや映画などの番組の宣伝としての出演料ではなく、営業としての出演料を条件として提示してこられたという事でしょう。

専門家や評論家などといった文化人の出演料は、一般的にタレントの方より安いと言われています。

テレビコメンテーターの1回の出演料の相場が、1回あたり平均で5万円くらいとも言われていますので、橋下徹さん側は、文化人としてではなく、タレントとしての出演料を、請求されたという事でしょうね。

橋下徹 出演を依頼する態度が気に入らない

橋下徹さん側としては、出演を断る理由といして、頼む態度が気に入らないと言った事も仰っているようです。

橋下徹さんの新刊である「沖縄問題、解決策はこれだ! これで沖縄は再生する。」という書籍の内容を、水島総さんらから批判された事に対して、橋下徹さんは自身のツイッターで随分とご立腹のご様子で、

橋下徹さんには、橋下徹さんなりのお考えがあるようで、それを頭ごなしに批判された事が、非常に頭にきたような雰囲気ですね。

橋下徹さんには、橋下徹さんなりの、理想とする日本の姿があるのでしょう。

橋下徹さんは「今の日本の政治に一番必要なものは独裁」という考えをお持ちの方ですから、橋下徹さんに対しては、もっと低姿勢で、丁重な態度で、下からお願いする必要があったという事なんでしょうね。

上に立つと、非常に恐ろしい方のように感じなくもありませんが…

橋下徹 社会的に価値があるかは厳正に審査する

橋下徹さんは、ツイッターで、

と仰っています。

水島総さんが受け取った橋下徹さんの側の返答としても、

「こういうお金を用意しても、今後オファーを頂いても、その諾意は弊社の自由裁量であり、必ずお受けする義務があるものではありません」

という事のようですので、橋下徹さん及び、所属事務所サイドとして、「社会的に価値が無い」「タレントとしての価値が下がる」と判断した場合は、たとえオファーの金額を用意されたとしても、受けるとは限らないという事のようですね。

橋下徹さんには、政治家に復帰するといった噂もあるようなのですが、橋下徹さん自身が「もう一度政治家になる可能性は無い」とはっきり仰っているわけですから、嘘つきでは無いのであれば、政治家に復帰する事はないのでしょう。

画像出典:Twitter

であれば、現在橋下徹さんは、爆笑問題も所属するTITANのタレントさんなわけですから、所属事務所としても、所属タレントが出演してマイナスになると判断したら、出演させないというのは、致し方無い事なのかもしれませんね。

橋下徹さんは、「社会的な価値があるかどうか」といった事も仰っておられるようですので、クラウドファンディングなどを使って資金を募ってみて、「沖縄問題、解決策はこれだ! これで沖縄は再生する。」に関する討論を望んでいる人がいるのかどうかを測ってみるのも、1つの方法として、検討してみても面白いかもしれませんね。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す