河添恵子 ジョージ・ソロス 習近平は自由社会において最も危険な敵である!今度は中国が奪う世界の自由と民主!

ジョージ・ソロス トランプ大統領と中国潰しで利害が一致

河添恵子河添恵子

30年前までのハンガリー、ハンガリーに限らず中央ヨーロッパ、旧東欧というのは、社会主義体制の中にあって、自由と民主を渇望していたわけです。

そして、ようやく手に入れたはずなんですが、まぁ、赤い毒が徐々に入ってきているというか、そういう風に見える中で、実はトランプ政権だけではなくって、それを警鐘を鳴らしているハンガリーの首都ブダペストの出身である大物がいます。

それが、ジョージソロスさんなんです。

画像出典:ブルームバーグ

ジョージソロスさんというと、非常にグローバリストの印象があり、必ずしもいいイメージがあるわけではなく、例えばですね、ロンドン銀行を潰した男とか、色々言われたりしているわけですが。

ソロスさん自身も、ユダヤ人の方であって、それで、ユダヤ人の一部分であったり、戦後、若い世代は、私、知らないことに気づいたのですけど、エスペラント語という言葉があるんです。

それはなんて言うんですかね、スペイン語みたいな感じのラテン語っぽい、非常に発音しやすい言葉で。

これは、地球後にしようという流れがある、エスペラント語を、ソロスさんもたしか、母語のように話せる人だという風に、確か私は聞いているというか、理解しているんですが。

そのソロスさんは、元々ユダヤ人という事であって、そのホロコーストから逃げ延びるわけです。

ナチスドイツから生き延びたという事になるわけですが、その後、戦後という自分たちの前に待っていたのは、その共産圏であるハンガリーという事になるわけです。

自由と民主もなんにもない。

そのハンガリーから、なんとか脱出をして。

どのように脱出をしたのかよく分からないんですけど、まずイギリスに行かれているわけです。

その後、まぁアメリカに移住されたという方で、その部分で言うと、ソロスさんというのは、自由と民主というものは、普通に人間が生きていく上で、とても重要なものであるという価値観は、お持ちである方だという風に、私の中では認識しているという感じなんですが、

ジョージ・ソロスのダボス会議での発言

河添恵子河添恵子

そのソロスさんが、今年1月下旬のダボス会議で、このような事をおっしゃいました。

「今夜、私はこの時間を、開かれた社会の孫ぞ悪を脅かす、これまでにない危険について、世界に警告するために使いたいと思う」
(ジョージ・ソロス 2019年1月24日 ダボス会議にて)

という事で、開かれた社会の存続が、誰によって阻まれているかという事で、明確に中国であり、習近平が、

自由社会において、最も危険な敵である、という事を、おっしゃったわけです。

更にソロスさんはこのように言っているんですが、

中国共産党独裁者習近平による監視社会の恐ろしさ

河添恵子河添恵子

「先端技術を用いた監視体制」

要するに、それはファーウェイはもう持っていると言われているし。

別にファーウェイだけではなくて、中国の企業とかが、相当持っていると言われている先端技術を用いた監視体制、そういった技術、サイバー上の技術と独裁政権であり、独裁の人間がくっつくという事は、最も危険な事であるという事を、ダボス会議でおっしゃったんです。

これはまぁ、なるほどといいますか、もちろんという風に私の中では思っていて。

それは、当然ですが独裁体制であり、独裁者というのは、自分は人にはよく見られたいというか、嘘であっても、いい事だけを出していくと。

その上で、疑心暗鬼になって行くのは独裁者ですから、監視をして、自分の悪口を言っているというか、自分に謀反を起こすかもしれない人を徹底的に粛清するとうのが、どの時代、どの民族関係なく、独裁者の特徴なわけです。

そういった独裁者が持っている恐ろしい特徴に、プラスその先端技術がくっついてしまう事が、いかに開かれた社会ではない、逆に行ってしまうのかという事を、恐ろしい世界になってしまうという事を、ソロスさんがおっしゃったのかなと思うんです。

ですから、なんて言うんですか、ソロスさんに対しては、色んな見方があると思うんですが、今回の発言というのは、私の中では、非常に納得が出来ると。

習近平とマーク・ザッカーバーグとの知られざる関係

河添恵子河添恵子

それとやはり、ソロスさんは80年代、東ヨーロッパ、特にポーランドとかチェコスロバキア、当時は、チェコとスロバキアが一緒でしたので、

の、反体制活動とか、ポーランドの場合は、連帯、ワレサさんの連帯とか、

画像出典:n-tv

そういった民主化の運動に関しては、お金を出していたという風に言われている方で。

ですから、やはり自由と民主というものの大切さ、それが無かった所から自分が生まれ育って、自由と民主がある国に脱出したというソロスさんにとっては、また世界がもっと恐怖の中の、まぁ、地球が全部そうなって行くことを、本当に恐れているんではないかという風に思うわけです。

更に、それは別に私が話をしているのは、ファーウェイだけの話ではなくてですね、習近平さんとって実は近いのはファーウェイというより、私の中の認識では例えばフェイスブックのザッカーバーグさんとは、

少なくとも片思いかもしれないけど、ザッカーバーグさんとは、習近平にすり寄すほど近いと言いますか、そういう関係で。

例えば、習近平さんが、2015年の9月に訪米をします。

オバマさんの時代です。

その時に、「ウワァー、ウェルカム」と言って、先頭で迎えている一人というのがFacebookのザッカーバーグさんなんですね。

画像出典:The Times

しかも、彼自身は、奥さんがベトナム系の中国人という認識を持っていますが、

画像出典:Architectural Digest

いずれにしましても、ザッカーバーグさん自身も、中国語を勉強していて、実は子供が生まれる時に、習近平さんに名前をつけてくださいという風に頼んだという話まであって。

習近平に断られたという話まであるくらい、ちょっと近いと。

この、フェイスブックは、中国では今でも出来ないわけです。

なのに、なぜザッカーバーグさんと、習近平が近いのかというのも、ちょっと不可解な話ですが、中国共産党からすれば、フェイスブックを世界のフェイスブックを使っているユーザーを使って、色んな世論をコントロールしようという所で、

もしかしたら、裏で繋がっている可能性もあるわけです。

習近平と親密なギルドの存在

河添恵子河添恵子

それともう一つは、ザッカーバーグさんとか、あとアップルCEOのティム・クックさん、

画像出典:cyzone.cn

ここら辺は、清華大学の経済管理学院顧問委員会のメンバーです。

これは以前にお話した事があるのですが、経済管理学院顧問委員会というのは、2000年の朱鎔基さん

画像出典:雪花新闻

が首相だった時代に出来ているのですが、そこにはシャープを買った鴻海とか、Appleのティム・クックさんとか、facebookとか、まぁあの、そうそうたる企業。

それから、孫正義さんも入ったりしているわけですが、

画像出典:GOETHE

そうそうたる企業が入っていて、このギルドと習近平国家主席というのは、非常に近いと言われていて。

2017年の10月に、中国共産党の第二次習近平政権がスタートする時なんかも、アメリカと中国側の、その清華大学の経済管理学院顧問委員会のメンバーが一堂に会して、会議をしているほどなんです。

ですから、その部分で言うと、その習近平であったり、中国共産党政府がくっつくのが、必ずしもZTEとかファーウェイとか、そういう事だけではなくて、世界を網羅する事が出来るIT技術の企業と独裁政権がくっつく事は、とても危険だというのが、ソロスさんの考えだとすれば、まぁ私には非常に納得が出来ると。

ハンガリーから追放されたジョージ・ソロス

河添恵子河添恵子

それと同時に、ソロスさんはもう既に追い出されているような状況と言いますか、ハンガリーから追い出されているというか、もう出ちゃっているような状況なんですが、このオルバン政権が、

画像出典:Hürriyet Daily News

2018年に選挙をする時に、対抗馬として、ソロスさんがバックアップする人が出て来たんですね。

その時には、ソロスを止めよ、という事で、反移民と一緒に、反ソロスという事で、ハンガリーは盛り上がっていて。

非常にその部分で言うと、ソロスさんは嫌われ者なんですが。

ジョージ・ソロスが設立した中央ヨーロッパ大学

河添恵子河添恵子

ただ、彼自身がした事の、もう一つ弁護するとすれば、1991年にブダペストには中央ヨーロッパ大学というのを作りました。

画像出典:Central European University

これはどういうものかと言いますと、元々旧東欧の人達は、共産主義の教育を受けて来ました。

各国違っていても、共産主義という教育です。

ところが、民主化された事によって、色んな教育が変わるという所で、共産主義ではなくて、民主主義を分かったリーダー、未来のリーダーを出していくための学校として、中央ヨーロッパ大学というのが出来ました。

そして、徐々にそういう政治家になりたい場合だったら、どういう政策を、民主的な政策を立てるのかとか、比較研究など、色々学問が広がって行くわけですが。

この中央ヨーロッパ大学は、アメリカとハンガリーの学位が取れるという事で、国内最高ランクの大学になって、100カ国くらい世界から来ているというくらいの大学になっていて。

ソロスさんは、共同出資者の一人で、今に至るまで、お金をずっと寄付をしているという立場なのですが、この中央ヨーロッパ大学を、追い出すという事を、今のオルバン政権は言っていて、おそらくウィーンに移転する事になるそうですが。

少なくとも追い出すといいますか、ハンガリーとアメリカの学位を同時に授与する事を禁止する法案を2017年4月に可決させてしまった。

とすると、やはりあの、今までハンガリーだけではなくて、アメリカの学位も取れるという事で、いらっしゃっていた人たちからすると、ハンガリーだけになってしまうという事になれば、大学の価値とうとあまりよくないんですけど、下がってしまうというのもあるんだと思うんですが、

これで、ウィーンに移転するもしれないと。

これについて欧州連合の上層部は、オルバン政権が通してしまった法案を、非常に非難しています。

グローバリスト ジョージ・ソロスが描く世界

河添恵子河添恵子

ですから、まぁそういったところで、なんて言うんですか、グローバリストというイメージで見ますと、やはりジョージソロスさんもそのカテゴリーに入るんだろうし、

ちょっと、どっちかというと怖い人に見えますから、そういったこう、悪い事ばっかりしている人なんじゃないかというイメージも、ちょっと持っちゃったりするわけですが、

やはり、自由と民主というものの価値というものを、ご本人が本当に大切にしているんだとすれば、今ソロスさんがダボス会議でおっしゃった事は、

画像出典:海外ニュース翻訳情報局

私としては、とても価値がある事ではないかなという風に思っています。

去年も、ソロスさんは同じような演説をしていて、抑圧的な政権と、フェイスブックやグーグルなど、世界規模のIT企業が組み合わさる事で、開かれた世界を凌駕するアドバンテージを与える事になる、という事をおっしゃっています。

そして、あとはソロスさんは、トランプ政権に対しては、やり方が甘いと。

画像出典:راديو بانوراما

更に、強肩な姿勢を取るべきだという事と、貿易戦争は、中国のみに絞るべきだと。

要するに、徹底的に中国とやり合えという事を、今主張している急先鋒という状況になっています。

習近平と徹底的に戦うトランプ大統領の覚悟

河添恵子河添恵子

それが関係しているんではないかと私は色々と思うのは、今世界はマルクス主義と言っていいのか、でも中国が言っているから、言っていいと思うんですけど。

マルクス主義であり、マルクスレーニン主義を信奉している、中国共産党という政権が、世界同時革命を起こそうと思って動いているという中で、トランプ大統領は、一般教書演説でも、

「米国は、政府の強制でも支配でも統制でもなく、自由と独立の上に築かれた」

「我々は生まれながら自由であり、自由であり続ける」

「今夜、米国が決して社会主義国にならないという決意を再確認する」

という事を、一般教書演説でおっしゃっているわけです。

これを、なぜ、こんな事を言うの?と思う方がいるかもしれないんですが、そのくらい今、世界の自由、民主が、中国の赤いお金だったり、中国の赤い工作によって、脅かされつつあるというか、脅かされているという認識を、本当に持っている人が少なすぎるのではないかと、私は思っていて。

中国の毒牙により発言の自由すら失った日本

河添恵子河添恵子

なぜ、私自身もそうなんですけど、例えばこのように中国の話をさせて頂いたり、中国に絡む事を話しますと、「怖くないですか?」と聞かれるんです。

それはどういう事かと言うと、我々日本は、自由と民主の中にいて、自分たちの事を、自分が分かる範囲で、名誉の既存とかにそういう内容にならないように、なるべく丁寧にお伝えするという事の自由があるはずなんですが、

それについても、危ないんじゃないか、それをするのは怖いんじゃないか、っていう風に思っている人たちが圧倒的に、この20年くらいで増えたと思うんです。

これはどういう事かというと、既に中国の毒牙は、日本に相当入っているからだと思うんです。

それがなんかどうしても、左派の人達、日本にも左翼の人達がいっぱい、わぁーわぁーって言う所、それとまたちょっと違う形で、中国の毒牙が入っていて。

例えば今、地上波のテレビで言えば、中国がこれだけ世界と問題を起こしていて、世界でこれだけ嫌われちゃっているといいますか、その方法論では行かせないぞと、アメリカが言おうが、他の国が言おうが、それをなかなか報じないというのが、日本の大メディアだとすれば、

日本の大メディアには、自由があるんでしょうか?

というよりも、もう中国のトラップに掛かっているから、そのように報道規制をしているとしか、私には感じられません。

こういった状況を、トランプ政権であり、世界のいわゆる自由と民主の価値を分かっている政治家たち、それから高い身分でいらっしゃる方達が、一生懸命それを色んな方法で訴えだしているという事を、是非皆さん、分かって頂ければと思います。

ですから、ただ怖い、中国は怖いとか、そういう事ではなくて、やはり自分たちがメディアリテラシーを持ち、それからなぜトランプさんが、

画像出典:FNN

自由、民主は大切なんだという事を言ったり、ペンスさんが、

画像出典:BBC.com

そのようにまぁ、副大統領の立場で、ハドソン研究所でおっしゃったりするかという事の意味は、それが侵されつつある地球を、非常に危惧しているからだという事をぜひ、ご理解いただければと思います。

中国を育てたジョージ・ソロスの次なる狙い

男性男性

ジョージ・ソロスこそが中国を育てた張本人ではないかと思っていましたが、先ほどのお話では、トランプ大統領と対中国で共闘するような構えです。

心変わりしたのか?

それとも別の意図があるのでしょうか?

河添恵子河添恵子

私は心変わりしたとは思っていなくて、やはりその中国の経済発展という所で言えば、やはりそのアメリカだけではなく世界はこの20年、30年という間は、中国を育てて来たわけですよ。

それは、ペンスさんのハドソン研究所での演説でもあるように、そういう風に豊かになって行くことによって、民主的であったり、自由度が上がる国家であり、生活になるという風に我々は期待したと。

でもそれは、あんたたちの政権、要するに習近平政権によって、それは違うという事はもう分かったと。

もうだから、騙されないし、もう期待もしないと、いう風な事をまぁ、おっしゃっていて、まぁソロスさんからしてみれば、江沢民一派と近かった、

画像出典:ウォール・ストリート・ジャーナル

というとおかしい言い方かもしれないけど、そういう状況にいたとすれば、彼らも騙してきたわけだけれども、いずれ自由と民主的な国になるよという事を、そういう形で、色んな援助を受けていたり、という可能性はあると。

で、その上で、習近平政権は、自分たちは正当な共産党の政権であって、世界の唯一の大国として、共産主義の大きな国なんだという事を、包み隠さず言っているわけですよ、今。

それは、開き直りというか、自分で化けの皮を剥がしたというか、もうバレちゃったから開き直っているという感じはしますよね。

だから、それでじゃあ我々はもう味方では無いっていうモードになったのではないかと思っています。

中国共産党という共通の敵で右派と左派が共闘

男性男性

中国共産党という共通の敵を前にして、米国内の左派と右派の戦いは後回し。

・・・ということでしょうか?

河添恵子河添恵子

そう思います。

結局あの、今特に台湾問題で言うと、やはりアメリカ挙国一致なんですよね。

民主党側も、共和党側も言っている事は同じで、自由と民主がある台湾。

まぁ中華民国という言い方なのかな、分かんない、台湾を、守るって言っているんですよね。

そして、それはどういう事かというと、要するに共産主義である中国政権に、台湾、島国の台湾がぱっくんちょされる事は、是が非でも防ぐというか、戦うという姿勢を出しているわけですよ。

ていうのは、やはりその、自由と民主というものを、非常にキーワードとして、世界はもう一度動き出していると。

そこにプラス、独裁政権にもう一つ無いものはというと、人権ですよね。

で、人権というものを軽視というよりも、人権が無い状況の中国という、その部分も突っ込みどころが今満載で。

それは実はヨーロッパもダライラマさんと、

画像出典:grape

2013年くらいまでは会っていたんです。

政権は。

ダライラマさんとサルコジさんも会っているし、

画像出典:クーリエ・ジャポン

キャメロンさんも、

画像出典:Le Figaro

イギリスの首相だった時に会っているんですが、そうすると、翌年に貿易額が、ガクンって減るんです。

要するに、中国はそういう操作を平気でやるわけですね。

で、経済がみんなヨーロッパも疲弊していたので、じゃあダライラマっていうカードっていうか、自由と民主、人権、色んな部分でのダライラマさんとうカードを、西洋社会はずっと握っていたのに、それすら手放してしまったわけです。

唯一、それを手放さないでいたのが、英王室のチャールズ皇太子で、

画像出典:Esquire

チャールズ皇太子は、あの絶対に習近平にも会わないし、そういった中国の一行が、訪問した時にも、晩餐会では出て来ないわけですね。

ですから、英王室がそのカードを最後まで持ち続けていて。

あと、やはり2015年に、オバマさんの時代に習近平が、アメリカに行った時も、ローマ法王がいらっしゃっていて、

画像出典:Washington Post

わざとその日に、同じ時期に、わざとしたんだと思うんですが、そうしたら英字メディアは、殆どはローマ法王が、オバマさんと会ったとか、アメリカで議会で演説をしたのかな、そういった話がぶわ~っと出て、習近平が訪米したっていう話は、もの凄く小っちゃくなっていたんです。

ですから、そういった部分で、宗教の自由っていうものがない政党という事に関して言えば、実はオバマさんの最後の時代から、そういった事というか、中国を今後どう扱うかという所の、扱い方が変わってきていたのは事実なんです。

 
 
 
最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す