三橋貴明 ベトナム戦争の枯葉剤メーカーに日本人を売る安倍政権!種子法廃止のニュースを隠蔽するマスコミの正体!

遺伝子組み換え作物と安全保障の関連性

司会 男司会 男

遺伝子組み換え作物と、安全保障の関連性。

この時間は農作物に関する話題です。

主要農作物種子法、種ですね、種子法と、農業機械化促進法の廃止法案の質疑、あと即日の採決が行われました。

自民、公明などの賛成多数で可決されています。

このニュース、「えっ、そうだったの?」という方、多いと思うんですけれども、三橋さん、殆ど取り上げられていなかった。

三橋貴明三橋貴明

これねぇ、それが怖い。

司会 男司会 男

えぇ。

日本人の食の安全保障を簡単に切り捨てる安倍政権

三橋貴明三橋貴明

種子法を、変えるならまだ分かりますよ。

でも、廃止なんですよ。

司会 男司会 男

はい。

三橋貴明三橋貴明

廃止。

もう止めますよっていうのがですね、全くマスコミに報じられないで、衆院を通っちゃったんですよね。

司会 男司会 男

はい。

三橋貴明三橋貴明

これは、私、本当にびっくりしました。

これを報じたのは、私が知る限り赤旗だけ。

司会 男司会 男

あぁ、はい。

三橋貴明三橋貴明

たまに役立つ赤旗ってやつですね。

司会 男司会 男

えぇ、えぇ、えぇ。

主要農作物種子法と、農業機械化促進法の廃止法案ですよね。

三橋貴明三橋貴明

廃止なんですよ。

司会 男司会 男

そもそもこれはどういう事なのでしょうか?

日本人の食の安全をモンサントに金で売る安倍政権

三橋貴明三橋貴明

そうなんですね。

この話をする上で、聞いていただきたい企業の名前があるんですね。

モンサント。

司会 男司会 男

はい、えぇ。

三橋貴明三橋貴明

モンサントというのは、アメリカに本社を持つバイオ化学メーカー。

ベトナム戦争の時の枯葉剤、あれを作っていたメーカーなんですけどね。

今は、バイエルによる買収話が進んでいるのですが、このモンサントのビジネスモデルというのは、遺伝子組み換え種子、これをですね、普及させて、農家に他の種子に浮気させないようにする仕掛けが、色々とあるんですよね。

司会 男司会 男

はい。

三橋貴明三橋貴明

で、特許を取るんですよ。

特許料を取るんですよ。

遺伝子組み換えの種子から。

という事で、儲け続けるというような、そういうモデルになっています。

で、何が凄いかというと、モンサントの遺伝子組み換えの、例えば大豆ね。

司会 男司会 男

はい。

こちらの記事も一緒によく読まれています。

最後に フォロー をお願いします。
最新情報をお届けします。

コメントを残す