渡邉哲也 香港デモの意味!米軍が撤退すると中国が侵攻する現実!侵略国家中国と日本の安全保障の危機!

台湾を中国の一部と主張し武力統一を狙う習近平

今回はですね、トランプ大統領訪日の後に行われた様々な会合について、少しお話をさせて頂きたいと思います。

日本、アメリカ、今大きな問題がございます。

アメリカと中国は、今、経済戦争、貿易戦争を行っているわけですが、その前提には、南シナ海を巡る軍事的対立、冷戦構造が大きく横たわっているわけです。

そして中国は、この前のつい先日行われたアジア安全保障会議、シャングリラダイアローグにおいても、台湾は中国の領土の一部であると主張し、アメリカなどが台湾に対して、軍事支援をする事に対して強い警戒感を示した。

また、今年1月、習近平は、台湾を武力を持ってでも統一する。

一国二制度であったとしても、武力をもってでも統一するという強い意志を示した。

そんな中、香港では大規模な民主主義を守る、香港の一国二制度を守るという強いデモも行われています。

そして、ここにおいて、最も大切になるというのが、日本にとっては、フィリピンという事になってくるわけです。

実は、トランプ来日の後、フィリピンをはじめとして、アジア諸国の国家元首、首相クラスが多数日本に来ています。

安倍首相、アジア7カ国首脳級と会談

5月29日 ハシナ首相(バングラデッシュ)

画像出典:afpbb.com

5月30日 トンルン首相(ラオス)

画像出典:時事ドットコム

※シンガポール・ベトナムの各副首相と会談

5月31日 ドゥテルテ大統領(フィリピン)

画像出典:フィリピンで頑張る日本人

マハティール首相(マレーシア)

画像出典:ダイヤモンド・オンライン

フン・セン首相(カンボジア)

画像出典:POSTE(ポステ)

ドゥテルテ大統領の訪日が最も注目される理由

バングラディシュ、ベトナム、シンガポール、ラオス、フィリピン、カンボジア、マレーシアの国々の首相や国家元首クラスが来たわけです。

そんな中、一番注目されていたのが、ドゥテルテ大統領の訪日だったわけですね。

アメリカ軍がかつて持っていた世界最大の国外基地というのは、フィリピンのスービック湾の基地でした。

その後、1991年11月26日にアメリカ軍は、フィリピンに対してそのスービック湾の基地を返還し、母国に戻るという決断をしたわけです。

米国が引くと中国が侵攻する現実

その結果、何が起きたかといえば、いわゆる中国の南シナ海への侵攻であり、スービック湾にあるいわゆる岩礁部に様々な軍事基地、軍事要塞とも言える7つの人工島を作ってしまったという経緯があるんです。

これに対して、危機を強めたアメリカは、2015年、オバマとフィリピンの前大統領との間で、スービックに基地を再び戻すという約束をしたわけですが、これが、ドゥテルテ大統領の誕生によりペンディング、中断状態になってしまっていました。

これを復活させるというのは、今、緊張高まる南シナ海問題の一番のキーであり、これを復活させる事は、日本の安全保障にとっても、非常に重要な事だったわけです。

そして、5月30日、アメリカの上院軍事委員会ご一同さんが来ている中で、ドゥテルテも日本に来て、安倍総理と首脳会談を行ったという事になります。

まぁ、色々な噂がありますが、この過程において、フィリピンに基地を戻す話が出来たのではないかとも言われているわけですね。

フィリピンに基地を戻した場合、現在、沖縄の基地は、南シナ海と朝鮮半島に向けての前線基地的な役割を果たしています。

これが、フィリピンに基地を移した場合、アメリカ軍のフィリピン基地が出来た場合、沖縄の基地は、後方支援の基地と変わり、役割が大きく低下する。

日本の安全も、一気に上がる事が期待できるわけです。

そのため、日本としては、フィリピンにインフラ支援をすると共に、このスービックの基地の復活を望んでいるといえるでしょう。

 
 
 
最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す