日本政府が韓国に制裁発動!天皇と日本人を侮辱する反日韓国 経済破綻へのカウントダウン!渡邉哲也

日本政府が韓国に対して出した輸出規制

本日は、韓国に対して出された輸出規制のお話について解説をしてみたいと思います。

6月30日、日本政府は韓国向け輸出規制を強化する事を非公式に発表し7月1日、これを経産省が通達という形で掲載いたしました。

引用:経済産業省

その内容としては、7月4日からフッ化ポリイミド、レジスト、フッ化水素の韓国向け輸出に関して、個別の許可を必要とする。

韓国をホワイトリストから外す日本政府

そして、8月1日を目途に、韓国をホワイトリストから外すという2段階のものになっています。

このフッ化ポリイミド、レジスト、フッ化水素というのは、韓国の主力産業である半導体や液晶パネルの製造などに欠かせない材料で、他から調達するのは、ほぼ不可能ではないかと言われておりす。

特に、日本製のこの3品目に関しては、純度が高く、そして、不良品が少ないのが特徴で、これがないと、高密度の半導体生産などに、大きな影響が出ると言われているわけです。

もし、この3品目が完全に停止した場合、韓国では、約3か月程度の備蓄しか無いと言われています。

半導体製造なんですが、何か1つでも欠ければ、製品が作れません。

つまり、この基礎材料を止められただけで、半導体や液晶パネルが作れなくなってしまうわけです。

そうなった場合、韓国はもう一度、破綻する危機を迎える事になるわけです。

日本国民だけでなく天皇陛下まで侮辱した韓国

この前提には、韓国と日本との関係悪化があります。

徴用工問題もその一つですし、レーダー照射問題、天皇陛下への侮辱問題など様々な、韓国は日本に対する嫌がらせ行為を繰り返してきました。

それに対して日本政府は、その度々ごとに、遺憾の意を表明し、韓国の大使を呼び出すなどしてきましたが、韓国側は、適切に対処してきませんでした。

そして、今回の輸出管理制度の見直しは、国際的な信頼関係が土台として構築されていますが、関係省庁で検討を行った結果、日韓間の信頼関係が、著しく損なわれたと言わざるを得ない状況であるから、と日本政府はしているわけです。

完全に壊れた日本と韓国の信頼関係

ですから、この問題は、単に徴用工問題ではなく、日本と韓国との間の信頼関係が失われた。

また韓国は、国連などによって、背取りの疑いもかけられています。

つまり、韓国に武器転用技術や、武器転用可能な素材を輸出する事は、国際法に準じてもおかしいのではないか。

だから、これまでとは違い、ホワイトリストから除外して、個別に審査をする体制を取った方がいいのではないか、という政府判断という事になるわけです。

で、この3品目に対する輸出規制の方ですが、これは許可する、しないは、日本政府次第なわけです。

通常90日かかると言われているこの輸出規制、輸出管理、許可なんですが、いつまで経っても許可が下りないという事も、政府次第で可能なわけで。

そうなってきた場合、韓国の半導体、液晶など電子メーカーは、大きな影響を受ける事になるでしょう。

そして、破綻への道を突き進むかもしれません。

 
 
 
最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

コメントを残す