日本人がコロナ感染しても中国からの入国を拒否しない安倍政権!日本政府は無能なのか?

蔓延する新型肺炎

台湾の知見から学ぶ、日本経済とこれからというお話をさせて頂きます。

現在、新型肺炎の蔓延が、大きな話題になっています。

この件に関し、私はずっと警笛を鳴らし続けてきましたが、日本政府、また、日本の財界の動きは遅く、明らかに手おくれの状況になりつつあると言えるでしょう。

完全に、ウイルスなど感染症には、先手先手で対応しなければいけないものが、全て後手後手に回っているように思われます。

戦争を見ない振りをし続けて来た日本国民

これは、現在の日本を象徴するものであるとも言えるでしょう。

70年以上、戦争を見ない振りをし続けて来た国民。

それが、現在の日本人であり、それが作り上げているのが、日本の政財界です。

それに対して、70年以上、戦争をし続けて来た国がアメリカで。

アメリカ政府と日本政府の明らかな温度差

アメリカ政府の対応と、日本政府の対応には、明らかな温度差が存在するのは事実です。

アメリカは既に、中国国内にいる7万人のアメリカ人に対し退避勧告を出し、これにイギリスも連動しました。

それに対して、日本政府はまだ、日本人の退避検討勧告を出しただけで、退避を検討しなさい、と言っているにすぎないわけです。

この状況では、企業は動きたくても動けません。

日本企業は、中国政府に対して、対抗するすべを持たず、日本政府の命令が無い限り、企業が勝手に動けば、中国政府から嫌がらせを受け、企業が倒産するリスクまで抱えてしまっているわけです。

このような状況では、日本政府の率先した危機管理が重要となります。

こちらの記事も一緒によく読まれています。

最後に フォロー をお願いします。
最新情報をお届けします。

One Response to “日本人がコロナ感染しても中国からの入国を拒否しない安倍政権!日本政府は無能なのか?”

  1. B!とFacebookがシェアーができません。
    ツイッターはできました。
    開発モードになっているからだそうです。

コメントを残す