日本人がコロナ感染しても中国からの入国を拒否しない安倍政権!日本政府は無能なのか?

蔓延する新型肺炎

台湾の知見から学ぶ、日本経済とこれからというお話をさせて頂きます。

現在、新型肺炎の蔓延が、大きな話題になっています。

この件に関し、私はずっと警笛を鳴らし続けてきましたが、日本政府、また、日本の財界の動きは遅く、明らかに手おくれの状況になりつつあると言えるでしょう。

完全に、ウイルスなど感染症には、先手先手で対応しなければいけないものが、全て後手後手に回っているように思われます。

戦争を見ない振りをし続けて来た日本国民

これは、現在の日本を象徴するものであるとも言えるでしょう。

70年以上、戦争を見ない振りをし続けて来た国民。

それが、現在の日本人であり、それが作り上げているのが、日本の政財界です。

それに対して、70年以上、戦争をし続けて来た国がアメリカで。

アメリカ政府と日本政府の明らかな温度差

アメリカ政府の対応と、日本政府の対応には、明らかな温度差が存在するのは事実です。

アメリカは既に、中国国内にいる7万人のアメリカ人に対し退避勧告を出し、これにイギリスも連動しました。

それに対して、日本政府はまだ、日本人の退避検討勧告を出しただけで、退避を検討しなさい、と言っているにすぎないわけです。

この状況では、企業は動きたくても動けません。

日本企業は、中国政府に対して、対抗するすべを持たず、日本政府の命令が無い限り、企業が勝手に動けば、中国政府から嫌がらせを受け、企業が倒産するリスクまで抱えてしまっているわけです。

このような状況では、日本政府の率先した危機管理が重要となります。

中国からの入国を拒否する世界と拒否しない日本

既に、世界中では131カ国が中国からの入国の拒否を決めており、日本政府は未だ入国の拒否をしていません。

この件に関して、「もうすでに日本に感染者が出てしまっているから意味が無い」などという人がいますが、それは大きな間違いです。

ハイリスク地域から、新たな1次感染者を入れない事が、2次感染の増大阻止に大きな力を持つわけです。

どんどん中国からの渡航者を入れておきながら、国内では制限を掛ける。

こんなバカバカしいダブルスタンダードは無いと言えるでしょう。

日本政府が行うべき最優先事項

まず、中国人ではなく、中国からの渡航者を止める。

これが最優先になります。

また、医療機関等では、マスクや消毒液の不足が話題になっています。

また、防護服も足りません。

このような場合、政府が中心となり、まず、マスクを確保する事。

場合によっては、関連企業と協力体制を作り、日本政府がお金を出しても設備投資をさせるべきなんです。

政府は、民間企業の努力により、1週間で1億枚生産できるようになった、と言っていますが、考えて見れば、1週間に国民一人当たり1枚しかマスクが手に入らないわけで。

これでは到底足りるとは言えません。

また、台湾の国内において、現在、ホテルやレストラン、百貨店など多くの人が集まる場所においては、入り口で強制的にアルコール消毒をしています。

入り口にドアマンがおり、アルコールを手に吹きかけて、2次感染を防止しているわけです。

このような防疫体制を、日本国内で整える必要があります。

その為には、アルコールや消毒液などを政府が率先して揃え、医療機関やそのような公共施設などに配布して行く必要があるわけです。

これを民間任せにすれば、効率的な配布が出来るわけがありません。

お金のある人が買い占めてしまい、お金の無い人に回らない。

結果、検疫がうまくいかないという事に成り兼ねないわけです。

ですから、必要な所に必要な物資が揃うように、法改正などを行いながら、政府として率先して動く必要があります。

これを行う法律がないという人がいますが、実は2012年の鳥インフルエンザ特措法等、法律的な対応する法律が存在するのも事実です。

また、これは武力事態に備えたものではあるが、国民保護法と言う法律もあります。

そのような法律を前提として、法改正を行うなど、特措法を作るという動きを早急に始めて頂きたいものだと考えております。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

最後に「いいね!」をお願いします。最新情報をお届けします。

One Response to “日本人がコロナ感染しても中国からの入国を拒否しない安倍政権!日本政府は無能なのか?”

  1. jiken より:

    B!とFacebookがシェアーができません。
    ツイッターはできました。
    開発モードになっているからだそうです。

コメントを残す