中国が香港を失うとどうなるのか?世界の金融ルールを作る英国!崩壊寸前の香港市場!渡邉哲也

中国はなぜ香港に手を出せないのか? という事で本日は、なぜ中国は香港に手を出せないのか? という事について、お話をさせて頂きたいと思います。 その前に、この一冊、「中国大崩壊入門」 徳間書店から発売中です。 中国で今何が ‥‥

オスプレイが無いと尖閣と石垣は中国から守れない!中国が日本や内モンゴルを侵略する手口!集団的自衛権の本音と建前!武田邦彦

集団的自衛権はとっくに行使されている 集団的自衛権という点では、現在、憲法違反だとかいう話が国会では出ていますが。 私は、もうずっと集団的自衛権を行使していたと思うんですよね。 なんせアメリカ軍が日本にいて、集団的自衛で ‥‥

武田邦彦 日本にとって中国が永遠の敵国である理由!中国や韓国は日本との戦争を望んでいる!白人の侵略と戦った日本人!

世界情勢を殆ど伝えないNHK、新聞、民放メディア 日本人の一般的な考え方と言いますか、受け取り方はですね、70年くらい前の戦争はですね、大東亜戦争ですね、悪い事をしたと、戦わなければ良かったんだ、というような事が一般的な ‥‥

渡邉哲也 香港デモの意味!米軍が撤退すると中国が侵攻する現実!侵略国家中国と日本の安全保障の危機!

台湾を中国の一部と主張し武力統一を狙う習近平 今回はですね、トランプ大統領訪日の後に行われた様々な会合について、少しお話をさせて頂きたいと思います。 日本、アメリカ、今大きな問題がございます。 アメリカと中国は、今、経済 ‥‥

渡邉哲也 世界から一気に排除される中国!中国と付き合うと米国のブラックリスト入り!自由社会との切り離し!

世界から排除される中国 チャイナパージ始まるという事で、世界から排除される中国について、お話をさせて頂きたいと思います。 ファーウェイ問題をきっかけに、世界中のいわゆる国際機関や企業が、中国ファーウェイを排除する動きを始 ‥‥

渡邉哲也 ファーウェイと取引する企業は倒産も覚悟せよ!中国人を雇う企業は倒産も覚悟せよ!

ファーウェイ問題の真相 今日はファーウェイ問題について、お話をさせて頂きたいと思います。 5月16日、アメリカ大統領トランプは、ファーウェイに対して、非常事態宣言を出して、IEEPA法、国際緊急経済権限法という法律によっ ‥‥

渡邉哲也 中国を選ぶなら米国は敵になると覚悟せよ!親中派議員一斉排除に待ったなし!

米国が明らかにした中国排除の方針 体制選択の時、ファーウェイから見える米中新冷戦という事について、お話をさせて頂きたいと思います。 現在、アメリカはですね、世界各国と貿易交渉、貿易協議というのを行っています。 まずアメリ ‥‥

渡邉哲也 中国が一帯一路でパキスタンを破綻させ領土を奪う手口!日本を潰した米国が中国を潰す手口!

中国の失われつつある外貨準備 米国が主導するIMFの力 中国が一対一路でパキスタンを破綻させ領土を奪う手口 アメリカによる中国の一対一路構想潰し 日本を潰したアメリカによる中国潰し 中国が抱える経済成長以前の問題 201 ‥‥

田村秀男 400兆の金を中国と国際金融資本に垂れ流すアベノミクス!日本の金が喉から手が出るほど欲しい習近平!

国際金融市場は日本の金が無いと回らない 日本は世界のキャッシュディスペンサー 日本がデフレを容認し増税・緊縮財政を強行する理由 日本の金が喉から手が出るほど欲しい習近平      

渡邉哲也 中国を完全排除する米国と中国人移民を激増させるバカな文科省と安倍政権!貧しい国が豊かになると戦争になる!

中国船275隻民兵乗船か 経済分野サイバー防御強化 中国排除に完全に舵を切った米国の本気度 中国人移民を激増させるバカな文科省と安倍政権      

渡邉哲也 トランプ大統領で台湾が独立する日!中国が企む台湾の武力統一!

中国が狙う台湾の武力統一 今日はですね、台湾問題について取り上げてみたいと思います。 台湾問題、台湾独立、色んな問題があるわけですけど、ここにきて台湾と中国との間が、かなりきな臭い状態になって来ています。 中国はですね、 ‥‥

和牛の受精卵を中国に持ち出し!徳島県の畜産農家を特定!価格はいくらで売ったのか?

和牛の受精卵を大阪在住の男が中国人に売却 2018年7月、日本の和牛の受精卵が中国に持ち出されようとされていた事件で、流出元が、徳島県の畜産農家である事が判明しました。 この事件は、2018年の7月に、自称大阪府で飲食店 ‥‥

【武田邦彦】日本・中国・韓国・朝鮮の関係が悪化し続ける理由!日本は親日国と手を組み直すべき!

朝鮮と中国から少しずつ手を引くべき理由 国か地域か、こんな事がなんで重要なのというとですね、現在、中国と韓国、朝鮮と、日本との関係が凄く悪いわけですよ。 もう、こんなにね国同士がいがみ合っているというか、日本はあんまり恨 ‥‥