中国共産党を崩壊させるペンスの怒り!TVが報じない中国の正体と残虐性!河添恵子

目次

米国ペンス副大統領が中国に宣戦布告

ペンスさんは10月4日にワシントンの保守系シンクタンクのハドソン研究所で演説をしましたよね。

その時に、知的財産の盗用とか、軍事的野心の事とか、宗教弾圧とかそういった事まで、中国と対決するという事を理由として40分くらいにわたってお話をさせたと。

これは完璧に宣戦布告だったと思うんですが、この10月4日の演説はだいぶ前に決まっていたわけですが、更にペンスさんの怒りのボタンというかスイッチを入れたのが、私は9月下旬の

「バチカンが中国と司教任命権問題で暫定合意」

これがあったからだという風に考えているわけです。

まずそもそも習近平政権になって、ウイグルとかチベット民族に対する宗教弾圧は酷くなって行って、そういった中でのあり得ない合意だったわけですけど。

もう一つは、もちろん、台湾、中華民国とバチカンは、外交関係があるわけですけど、これをいずれは断裂させて行くのではないかという中で、ペンスさんの思想といいますか、宗教的背景、

ペンスが習近平に激怒する宗教的背景

渡邉哲也渡邉哲也

福音派じゃなかったですか?

福音派ですけど、カトリック信者ですよね。

福音派と言われているけれども、カトリック信者とも言われています。

あの、ペンスさんのお母さんは、アイルランド出身ですよね。

それで、非常にガチガチの保守的政治家と言われていて、カソリック信者でもあるし、福音派という風に書かれている所もあるんですね。

いずれにしても、ティーパーティー系(保守派のポピュリスト運動)である事は事実ですよね。

アメリカと中国共産党の戦いの根幹

非常にこのペンスさんというのは、共和党の中でも際立って、宗教的に保守のグループに入っている。

それに対して、自由と民主、法の下の平等という価値観を持たない無神論者のマルキスト集団である習近平政権。

という、これが世界の大きなうねりと言いますか、アメリカ対中国共産党の、実は根幹といいますか、本質的な戦いは、実はここにあるというふうに考えています。

渡邉哲也渡邉哲也

特に福音派というのは、キリスト教の中でもかなり原始キリスト教に近い、ユダヤ教に近い考え方を持っており、白人のいわゆる支配者が再びエルサレムに現れた時に、再びイエスキリストが復活するという事を信じている。

それと自由を信じている。

で、アメリカの共和党の最も根幹的な母体を支えているのがこの福音派の人達で、非常に活動熱心。

共和党の活動で一番中核的な動きをしているがゆえに、政治的ロビー能力も非常に強いというのが、この福音派なんですよね。

中国が邪悪であるという理由

まさにそうなんです。

そういった中で、中国が邪悪であるという理由はここになります。

赤い方の教会が2種類あるわけですが、赤い方の教会が「中国天主教愛国会」というのと「中国天主教主教団」という名前になるのですが、バチカンとは無関係な、なんちゃってカトリック団体なんですよね。

もう一つが「三自愛国教会」、これがやはり中国側のプロテンス側の教会という事で、中国共産党が独自で司教していた、特にカトリックの方は司教を任命してたと。

中国の知られざる地下教会の存在

もう一つ言われているのが地下教会ですよね。

地下教会も基本的には2種類あって、プロテスタント系は特に福音派が醜態だと言われているんですが、もう一つは総本山のバチカン、ローマ法王庁が司教を任命していた地下教会というのがあって、

この赤い方の教会と、黄色い方の地下教会を両方を合わせて1億人という話もあるし、だいたい9000万人という話もあるのですが、いずれにしましても、数千万人単位でいるわけですが、

この度、バチカンと中国がどのように手打ちをしたかと言われているのは、中国共産党が選んだ司教をバチカンが追認する、まぁ拒否権もあるけど追認するみたいな形に暫定的に合意したのではないかと言われていて、

当然ですけれども、それについては非常に宗教心があるペンスさんは怒り心頭であると思いますし、そもそもこの地下教会というのは、監視や破壊、拘束の対象になっていて、神父さんたちもそうですし、牧師さんたちもそうですけど、拘束されてもいるし。

あと、老人の方が年金を貰えなくなったりするんですね、教会に行ったりすると。

という事で、普通の信者であっても、生活が出来ない方向に持っていかれてしまうと。

これが今の中国の体制であると。

無神論者が信者を弾圧する中国の実態

渡邉哲也渡邉哲也

昔で言うところの隠れキリシタンというやつですね。

そうです。

こういった状況をアメリカであり、ペンスさんが中心になって、邪悪な中国というのは、この宗教心の事。

無神論者が信者を弾圧しているという所にあるのではないかと考えるわけです。

更に、無神論者である中国ですが、習近平さんの背景、

習近平政権はマルキスト集団である

そもそも習近平さんは、1997年の時に中央委員会候補で、だいたい最下位に近い形で上がってきます。

候補と言うのは、その上が中央委員会で、その上が一応政治局員で、その上が政治局常務委員の7人とか9人なわけですが、それなりの上層部の400番のちょっと上くらいまで上がって来たと。

この時は当然ですけど全然無名なわけですが、その在職中、翌年から、1998年~2002年まで、精華大学人文社会学院でマルクス主義理論を学んでいるわけです。

行ったかどうかは別にして、彼はマルクス主義の方のグループに強く入っていったという事がここで分かると。

しかも、1997年の第15回中国共産党大会では、マルクスレーニン主義、毛沢東思想、鄧小平理論をその行動指針とすることを明確に規定したわけです。

要するに、世界の工場とか、13億の市場だとか言われて、中国はソ連がロシアになったように、改革、解放してそのまま民主化していくなんていう風なプロパガンダに騙されている時期に、実は中国というのはマルクス・レーニン主義、そして毛沢東思想、鄧小平理論というもので、絶対的に行くんだと決めていたわけです。

更に、去年の10月の第19回中国共産党大会では、習近平思想というのが党大会に入ったわけですが、この習近平思想が何かといったら、なんちゃってマルクス主義なわけです。

ですからこれを考えても、習近平政権はマルキスト集団であるという事を、私は早くから言ったり、書いたりしているんですが、これを非常に西洋社会、いわゆる西側社会が非常に警戒していると。

現在の中国共産党の正体

渡邉哲也渡邉哲也

中国には大きくわけて、政治閥というのが2つあって、太子党と呼ばれるおぼっちゃんグループ、この人たちが赤くかぶれている場合が多いわけですよね、習近平がその典型なんですけれども。

それに対して、王毅とか李克強が入っている共青団、共産党青年団というエリートグループ。

エリートグループの人達はグローバリストが多い。

それに対して、太子党はマルキストと。

それのハイブリット国家であるのが中国なのですが、習近平が買った事によって、このマルキスト色が非常に強くなっているというのが、今の中国の状況ですね。

恐るべきマルキスト王滬寧の正体

そうですね。

特に、序列5位の王滬寧(おうこねい)は完璧なマルキストですよ。

彼が色んなものを作ってきているので。

過去の胡錦濤(こきんとう)さん時代、それから江沢民(こうたくみん)の時代もそうですが、非常に彼がコアな中で、今、中国統一戦線というのも強くなっていって、そこが宗教弾圧のような事をやっていると。

中国国務省傘下に、国家宗教事務局とうのがあったのですが、今年3月に、中央統一戦線が合併しているんですね。

ですから、今の政権、王滬寧(おうこねい)がトップだと思いますが、中心に宗教弾圧が強まっていると。

トランプ政権が作った国家的記念日の秘密

更に、実はちょっと面白い事に気づいてですね、1年後に気づいたのですが、昨年創設された11月7日これはトランプ政権が、「〇〇犠牲者の国家的記念日」を作ったのをご存知ですか?
私も実は今年になってはじめて気づいたのですが、

この〇〇というのは、共産主義で、「共産主義犠牲者の国家的記念日」です。

11月7日というのは、結局あれです。

ロシア革命から100年経ったのが去年であり、一応10月革命と呼ばれているけれども、ユリウス暦だから、現実的には11月なんですよ。

そういった事があって、去年から毎年固定という事で、11月7日を共産主義犠牲者の国家的記念日とするという風にしているわけです。

マルクス・レーニン主義が殺した驚くべき人間の数

これは、何を意味するかと言うと、当然ですが、中国共産党の事を大変意識していて、要するに、共産主義、マルクス・レーニン主義がどれだけの人間を殺したかという事に対しても、過去に一億人以上。

これは中国に対してではなくて、という事ですが。

更に、ワシントン本拠地NGOで、共産主義犠牲者財団というのが出来て、2016年からずっと数字をチェックしているそうなんですが、アメリカがとても懸念している理由の一つの背景としては、もちろん共産主義が非常に暴力的であり、人を殺して、嘘ばっかりついているという事は、大人たち、お年寄り世代は知っているわけです。

若い世代が共産主義に持つ完全な誤解

ですが、若い世代は、サンダースさんのような方が共産主義だと思っているわけです。

みんなで、富を分配して、大学も無償でみたいな。

要するに、北欧的なものが社会主義であり共産主義であるという風に、どうもアメリカの多くの若者が勘違いをしている。

ミレニアル世代がどうも勘違いをしてるという事を、共産主義犠牲者財団とかそういった所が色々とアンケートを取っているのですが、そういった数字も出ているわけですよね。

共産主義党のは、こう分かち合う、平等、大学の無償化、で、無料の健康保険みたいな感じで、それは北欧はたくさん税金を払っているからそういうリターンがあるという事なんですが、それを移民立国であるアメリカでもそれをやっていくのが理想であるというような形で。

共産主義というものが、社会民主主義の北欧とごっちゃになっている。

それを非常に、アメリカは今恐れているんですね、その状況を。

中国は共産主義を利用した独裁政権

渡邉哲也渡邉哲也

たぶん共産主義の理想というものと、共産党の理想というものが全く別であると、現実はですね。

共産主義、マルキストというか、マルクス経済学そのものは、決して間違っているものでは無いんだけど、公平分配というのはね。

ただ、それを社会実験としてやると、みんなが働かなくなって破綻するというのが出た答えなんですね。

いわゆるマルキストなり、共産主義というものを利用した独裁政権という言い方の方がいいのかもしれませんね。

中国が狙う世界同時革命

まぁ、そうですね。

日本の共産党の場合は、日本の国内でやっているというイメージがあるんですが、中国の場合はある種でいうと、共産主義、すなわちグローバリストであり、そして世界同時革命というのを狙っているという事が、今の一帯一路だったり、AIIBだったりという形のもう一つの新しいシステムですよね、それはうまく機能はしていないのですが。

そういった要するに中国共産党による世界同時革命という事を、世界支配という事を、非常に今、西洋社会であり、特にペンスさんのような宗教的な背景として、非常に保守的な人が究極危険視しているというのが、今の米中の貿易戦争でもあるんだけれども。

米中には、実はそういった思想的背景というのが、一番の大きな戦いではないかと。

アメリカ国民も気づいた中国の残虐さ

渡邉哲也渡邉哲也

そうですね。

ですからアメリカのワシントンでも統一戦線という言葉が非常に多く使われるようになって、それに対する脅威をまとめたレポートがたくさん出始めている。

そして、アメリカの議会、ペンスさんもそうなんですけど、アメリカの議会自体もですね、対中貿易戦争に関して、対中政策を厳しくしろというのがですね、民主党側でも3分の2が厳しくしろ。

共和党に関しては、もう9割以上、95%は中国に対して対峙していけという事が、議会の情勢なんですね。

今回の来年度10月からの予算等を決める国防権限法(NDAA)においてもですね、NDAAにおいてもそれが強くうたれているという状況になっていますよね。

中国共産党の思想が危険すぎる理由

ですからやはりその、無神論者というものに対する警戒というのが、やはり私は、西洋社会に広がって行って、それは英王室であったり、西洋社会、いわゆる西側社会の一致した考えだという風に思っていて。

やっぱりその「神は俺である」というのが中国共産党の考え方ですよ。

それに対してそれを許さない、徹底に敵に潰していくと。

「神は我々では無くて神である」と。

いうのが、特にペンスさんのような宗教的保守の人の考え方であり、その戦いというのが、バチカンと中国が、そもそもベルリンの壁の崩壊後、徐々に近づいてはいたんですが、こういった形で、合意とは言わないんですけど、より近づいている状況も含めて、ペンス副大統領は、警戒心MAXになっているという風に考えます。

本来の主流と異なるイエズス会教皇 フランシスコ

渡邉哲也渡邉哲也

特にバチカンに関しては、イエズス会の教皇という事で、かなり、本来の主流派とは違うんですね、バチカンそのものが。

バチカン自体が、ちょっとおかしくなっているところもあるという事ですよね。

それとやはり、だいぶ前の文献を見ていてまた思い出したのですが、バチカンにも1950年代とか相当、共産主義者が神学校に入っていて、そういった形で、分断・分裂させたりコントロールしていったという流れがあって。

そういった事実を鑑みますと、中国ってモノマネがとても上手なので、当然ですが、世界にいる華人、華僑の人達を、そういった神学校に入れて、どんどん近づいて行ったという可能性は十分あるという風に考えられます。

渡邉哲也渡邉哲也

さっきから無神論って言いますけど、共産主義って一種の宗教でね。

マルクスを教祖とするね、ある種の宗教なので。

宗教戦争とも言えるんですよね、見方を変えたら。

習近平が発表した宗教白書の危険性

そうです。

そのうえで、習近平さんは、4月に宗教白書というものを発表したわけです。

「宗教の中国化を進める」という、なんか意味不明なんですけど。

この中にはもちろんイスラム教徒の2000万人くらいですか、いるわけですし。

さらに恐ろしいのは、統一戦線の下の下の下くらいの組織になるんですけど、宗教情報員という形で、地域の人達の中で選ばれた人が、監視体制をすると。

そこで、「カトリック教会に行きたいわ」と言ったりすれば、この人は危険なひとであるという風にリークしていくというシステムというのが稼働していると。

これは、情報員も非常に少ないんですけど、日本円にすれば年間数千円なんですけど、報酬が支払われるという事で。

何にもリークをしなければ、逆に罰金になっちゃうとすれば、ある意味で言ったら、無実の罪の人も吊し上げに遭う可能性がある。

とすると、これは毛沢東時代の文化大革命全く同じで、チクリ社会、恐怖政治の本格化だというふうに、私自身は考えています。

中国で聖書の販売が規制

更に、中国の通販サイトですけど、アマゾンの中国版とかもそうですけど、中国語の聖書とかの販売が規制されたとかといった話があったり、子供用の聖書なんかも今後だめになるんじゃないかという話とか、スマホ用の聖書アプリなどにも規制が入るのではないかと言われているという所で、

あと、ローマ法王フランシスコさんは、「新司教候補は、中国側との対話を通じて選出され、最終的な任命権は法王自らが持つ」と述べていますが、これが合意内容なのかどうかというのは、詳細は実は分からないのと、法王自らが任命権を最終的に持つという事に対して、中国はYESともNOとも言っていないんですね。

ですから、ここら辺もある種で言うと、今後中国化の解釈次第によっては、強引に進められていって、地下教会も完璧に中国のテリトリーになってしまう可能性があると。

渡邉哲也渡邉哲也

逆説的に言うと、オレンジ革命の時ですね、東ヨーロッパを解放していく時に、ブレジンスキーが宗教の力を使ったんですよね。

地下教会で聖書普及運動というのをやって、聖書をどんどん置いて行って、聖書に書かれている自由というものを普及される事によって、革命の後ろ支えをしたと。

それの逆転をやっているわけですよね今。

ペンスが習近平に怒りをあらわにする理由

そうなんです、まさに。

ですからやはりローマ法王庁が中国と話し合いをするというけど、ずっと話し合いをしない時期も長く来たわけですよ。

特に、ヨハネパウロ2世の時代というのは、ポーランドから初めて、非イタリアから初めての法王として、やはり民主化のために貢献をしたわけですよね。

そういった法皇様がいるバチカンだったわけですが、どんどん、どんどん、変容してしまっている状況も含めて、ペンスさんに象徴される事ですけど、ペンス副大統領の怒りというのは、そういった部分にもあるのではないかという風に、強く感じています。

あとやはり、習近平さんは、基本的にマルキストであることを隠しているわけではないのですが、5月のマルクスの誕生日の200周年の時に大きなイベントをやってみたり、相当のお金をマルクスを復活させるためのお金を使っているという事も、色々な所に書かれています。

要するに、「マルクス主義は素晴らしい」というための広報のために、お金をめちゃくちゃ使っているという事も、アンチ中国であり、マルキストの人達からの力の言葉として出ているわけです。

中国の金に目がくらんだ国際団体

渡邉哲也渡邉哲也

要は、バチカンを含めてなんですけど、様々な利権団体、国際団体ですね。

そこに中国が金を出して、中国の思い通りに動かそうとしてきたというのがこの10年間だったと思うんですね。

国連の人権理事会しかり、ユネスコしかり、様々な所で中国の金に転んだ一部の利権団体、NGOなどの名前を名乗っている後ろに統一戦線がついている組織が、世界中で拡大してきたと。

また、孔子学園のような大学の組織も作ろうとしていた所に対して、アメリカが一気に手のひら返しをしているというのが、今の状況で。

ここに、イギリスも乗っている状態。

英米、そして日本も当然そこのラインの上に乗っている、大英連邦諸国も乗っているというような状況だと思うんですね。

共産主義を美化する若者に危機感を感じる米国

それでやはりその、共産主義犠牲者団体などの話が出ているんですが、結局、共産主義の理論だって事を知らずに、学生たちは学んでいて、共産主義というものを知らないと答えている人が、圧倒的に多いそうなんです。

ところが、共産主義に対するもののイメージと言うと、北欧型のみんなで分配して平等ですという理想で。

だから、今の若者、30代前後の若者というのは、共産主義社会に住んでみたいという人が相当数いるそうなんです。

こういった、アカデミーに入ってしまった、歪んだ状況も正していかないといけないというのが、アメリカが今、考えている事なんだなというのが、ようやく、ますますよく分かってきたと。

ペンスが敵対視するのは中国人ではない

渡邉哲也渡邉哲也

ペンスの演説を聞いていると、中国という表現では無くて、殆どが「チャイニーズコミュニストパーティ」中国共産党という表現で批判をしているんですね。

ですから、別にアメリカとしては中国人を敵対視するつもりはない。

ただし、アメリカにとっての敵は、あくまでも「中国共産党」である。

中国共産党というものを、共産主義国家であるとか、共産主義を理想とすると考えると大きな間違えで。

共産主義の名前を利用した、単なる開発独裁国家なんですよ。

「中国共産党開発独裁国家」

というのが今の中国の現状でね。

これに対して、アメリカは強い異を唱えているという状況にあるんだと思うんですね。

そう思います。

こういった中で人権というカード、それから自由という中に宗教の自由もあるので、そういったカードも含めて、アメリカであり、ヨーロッパのいわゆる西側の陣営の人達って言うのは、中国をますます叩いていくという事になるという風に思っているわけです。

リベラルの面を被った共産主義者の正体

渡邉哲也渡邉哲也

いわゆるリベラルという看板を借りたコミュニスト(共産主義者)たちが大量にいましてね。

メディアの中に、日本にもたくさんいるわけですけど。

多すぎますけどね。

これですね、一方で自由を謳い、一方で言論弾圧をやっているわけですね。

政治家に対する言葉狩りがその典型。

ポリティカルコレクトネス、差別を利用した弾圧ですね、日本人弾圧ですね。

外国人の差別になるからと、日本人を弾圧するというような行為をやっていたり、平気なんですね。

他人の人権に興味のない人権派とかですね。

暴力的な平和主義者というような人は、この中国共産党のような人達の事でですね。

中国共産党のトップの危険な生い立ち

そういうものは、ソ連というか向こうから学んじゃったんですよ。

毛沢東だってそれのいい例だし、その流れがずっと来ていて。

特に習近平は、非常にそこの時代に生きていたわけですよ。

やはり、今の中国の政権は、1950年~1958年生まれですよね。

みんな思春期の一番重要な時に勉強せずに、毛沢東の革命、革命と、ようするに文化大革命で、それでもう人が死んでいるの、殺されるの、それから、粛清されるのをずっと見て来たわけですよね。

彼らはある意味で言ったら、言葉は非常に乱暴かもしらないけど、非常にISと一緒なんですよ。

非常にハングリーな状況の中で、共産主義に染まった。

何があっても勝ち抜かなければ、死んでしまうという中で生きて来たわけです。

ですから、その上の世代。

胡錦濤(こきんとう)さんとか、もっと上の世代は、酷い目に遭った。

鄧小平(とうしょうへい)だって息子も酷い目に遭ったという世代だけれども。

彼らはまだ、クワみたいなのを担いで、革命、革命って言っている中で、洗脳されて行ったわけですよね。

その人たちが今上にいるという事が、要するに、中国共産党のトップであるという事が、非常に問題視されないといけないし。

やはり、私もずっと思っている事は、日本の多くの政・官・財は、そういった人たちがトップであるという事を、なぜかきちんと考えようとしないわけです。

渡邉哲也渡邉哲也

見ようとしないわけです。

中国の実績は粛清である

それが一番の問題で、「中国の実績って何ですか?」って事ですよ。

結局「粛清」ですよ。

ジェノサイド(大量虐殺)してきて上に上がった人間しかいないのだから、間接的に人殺ししている人間が上に行っていて。

それは、無神論者だから出来る事で。

彼らが生き残るという事は、そういう事なわけですよ。

で、その人たちとなぜ日本が、日中友好しないといけないのか。

本当に、もちろん安倍さんが、そのように考えているとは思わないけど、思いたくはないけど、日本の政・官・財の多くは、そこに染まってしまった事は、それこそ大きな、ゴーンさんよりもよっぽど、違った意味で大きな罪だと思います。

中国に今本当に必要な事

渡邉哲也渡邉哲也

中国に必要なのは、中国共産党を打ち倒す、共産主義革命ですよね。

本当の意味での共産主義ですよ、公平分配の。

まぁ、それと国内だけでやって欲しいですよね。

そういった赤いものをアメリカなり日本にもそうですけど、そういった赤い毒牙をこちらに送り込むなという事ですよ。

だからやっぱりそこが、今ペンスさんがやっている事は、もちろん経済的に小さくすればするほど、中国の工作のお金が無くたっていくというのは、ピーターナバロさんも言っている通りの、そういう意味で貿易戦争という言い方は出来るのですが、

本質的な所で言ったら、私はやはりもっと人間としてのものだと。

米中間での価値観と覇権の争い

渡邉哲也渡邉哲也

価値観と覇権の争いですよね。

その価値観として、自由と民主があって、法の下の平等があって、人権があるという価値観が勝たねばいけないんだというのがペンスさんのお考えだとすれば、私は1000%その通りだという風に思っているわけです。

日本が取るべき一つの答え

渡邉哲也渡邉哲也

アメリカ人にとっての正義というものは、自由を守る事、自由のために戦う事。

これは、アメリカ人にとっての、絶対的な正義なんですね。

で、アメリカが今世界において、やっている事は覇権なんですよね。

覇権と言うのは、アメリカが絶対的強者である中で作ったシステムに乗っかって、乗っかった国も利益を得られる、アメリカも当然利益を得る。

これが、今アメリカが作っている自由という価値観に基づく覇権なんですね。

その中のNO2の国が日本である。

それに対して中国がやろうとしているのが、中国だけが儲かる仕組みで、他から搾取する仕組みを作ろうとしている。

これが、一帯一路ですよね。

様々な形で動かしている、軍事的拡張もそう、他国に対する侵略行為もそう、選挙介入もそう。

という2つの戦いで、どちらが正しいかって、我々日本人から見れば、正しいのは西側しかないわけで。

アメリカの正義が正しいと言い続けなくてはいけないという事が、一つの答えなんでしょうね。

日本が台湾を守るべき理由

そうです。

それでしかも、自由と民主の法の下の平等、人権、日本より恐らく私があると思っているのが、台湾です。

台湾は本当に素晴らしい国ですよ。

ですからそこが、そういう無神論者でどうしようもない中国に飲み込まれないようにするという事も含めて、アメリカは素晴らしい戦いをしていると思っていて。

私は、全然、親米保守な人間ではないんですが、トランプ政権になってからは、とにかくアメリカの外圧が日本にも必要だし、このままとにかく中国を叩き潰して欲しい。

中国共産党政府というものが、いかに邪悪であるかという事を、世界はもっと知るべきだというふうに思っている次第です。

 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

このサイトが気に入ったら
いいね!してね!

Twitter で